2018年06月09日

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

ienikaeru.jpg

監督:李闘士男
原作:(作)K.Kajunsky、(漫画)ichida
脚本:坪田文
主題歌:チャントモンチー
音楽:安達練
出演:榮倉奈々(加賀美ちえ)、安田顕(加賀美じゅん)、大谷亮平(佐野壮馬)、野々すみ花(佐野由美子)、浅野和之(蒲原)、品川徹(横山)、螢雪次朗(進一)

じゅんとちえは結婚3年の夫婦。子どもはまだない。じゅんの目下の悩みは「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしていること」。最初は本当に驚いて腰を抜かしそうになったけれど、次の日もまた別のパターンの「死んだふり」をしていた。なんでそんなことをするのか、ちえの真意がわからないじゅんは同僚の佐野に打ち明ける。佐野は他人事だと思って「とことんつきあってやれば」という。ちえの力の入れ方は尋常でなく、ますます手が込んできた。何度聞いても理由を言ってくれない。

2010年「yahoo!知恵袋の伝説の投稿」が元ネタだそうです。
思わず「うそ〜!」と思ったのは私だけではないはず。いったいどういうことなのか?と映画を興味津々で観てしまいました。ごくふつーの夫じゅんを安田顕さん。予測不能な可愛い妻ちえを榮倉奈々さん。とても似合いの2人でした。
美男美女の佐野夫妻や、ちえの父親、バイト先の店主を脇に配して、愛すべき夫婦の小さなできごとを描きます。さてどういうことだったのかは、劇場でお確かめください。ちえがじゅんに語りかけるあるセリフ、偶然同じ日に観た別の試写でも出てきたんです。その日観た映画が「何かで繋がる」ことはよくあるのですが、これにはかなり驚きました。大事なキーワードですよ。(白)


2018年/日本/カラー/ビスタ/115分
配給:KADOKAWA
(C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
http://tsumafuri.jp/
★2018年6月8日(土)ロードショー


posted by shiraishi at 23:25| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: