2018年05月20日

ガチ星

gachibosi.jpg

監督:江口カン
脚本:金沢知樹
撮影:許斐孝洋(このみたかひろ)
出演:安部賢一(濱島浩司)、福山翔大(久松孝明)、モロ師岡(校長)、西原誠吾(教官)、博多華丸(ラーメン店店長)、林田麻里、船崎良(選手)、吉澤尚吾(ベテラン選手)

濱島浩司39歳。8年前までプロ野球選手だったが、戦力外通告を受けてその場でやめてしまった。以来酒とパチンコに溺れた自堕落な毎日を送り、妻子は呆れて家を出ていった。実家に戻って親友の店を手伝ってはいるが、とても本業とはいえず母親に金をせびっている始末。ずっと応援してくれたその親友をも裏切り、崖っぷちにいた濱島は、たまたま耳にした競輪に再起をかけようとする。年齢制限はなく、体力には自信のある濱島は競輪学校に入学できた。そこまでは良かったが、周りは若者ばかり。傲慢な彼に年下からのいやがらせが始まる。意地とプライドで厳しい授業に耐えるが、緩みきった心身は音を上げ始める。またしても投げ出そうとしたとき、トップの成績をあげながら一人練習に打ち込む久松の姿に釘付けになる。久松は心身ともに弱ってしまった母親を病院に託し、競輪しかないと悲愴な覚悟で望んでいた。同郷の若者に奮起させられて、ペダルを踏み込む濱島。

この作品に出会って、野球選手の戦力外通告や競輪のことを知りました。小倉が競輪発祥の地で、日本競輪学校は伊豆市にあり女子選手も育成していること。その学校で撮影されています。年齢制限がないので濱島も挑戦できたわけですが、訓練は吐くほど過酷。鬼教官が「もがけ!」と叫んでいましたが、この俳優さん素敵でした。厳しいばかりでなく、後でちゃんといい見せ場があります。校長役のモロ師岡さんもいい味。ラーメン店の店長さん博多華丸さんは次の『めんたいぴりり』で主演。
江口カン監督に初の劇場映画となったこの作品にかけた思いや、キャスティングなどについて伺いました。こちらです。お話しするうちに「ダメな男を甘やかしているのは女です(特に母親)」と意見が一致。私自身もいろいろ心当たりあり。父と息子のエピソードもぐっと来ますので、お楽しみに。(白)


2018年/日本/カラー/シネスコ/110分
配給:マグネタイズ
(C)2017空気/PYLON
http://gachiboshi.jp/
★2018年5月26日(土)より新宿K’sシネマ、小倉昭和館ほかにて全国順次公開
posted by shiraishi at 19:30| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: