2018年05月20日

犬ヶ島(原題:Isle of Dogs)

inugasima.jpg

監督・脚本:ウェス・アンダーソン
撮影:トリスタン・オリバー
音楽:アレクサンドル・デスプラ
出演:コーユー・ランキン(小林アタリ)、リーブ・シュレイバー(スポッツ)、ブライアン・クランストン(チーフ)、エドワード・ノートン(レックス)、ボブ・バラバン(キング)、ビル・マーレイ(ボス)、ジェフ・ゴールドブラム(デューク)、スカーレット・ヨハンソン(ナツメグ)、ティルダ・スウィントン(オラクル)、野村訓市(小林市長)

20年後の日本。メガ崎市で犬のインフルエンザ“ドッグ病”が大流行し、人間への感染を怖れた小林市長は犬たちをゴミ処理場の島「犬ヶ島」に追放する。事故で両親を亡くし、市長の養子となった12歳の小林アタリは愛犬スポッツを捜し出すため、犬ヶ島へと向かう。寂しいアタリにいつも寄り添って守ってくれたのがスポッツだった。一人乗り込んだ小型飛行機はなんとか犬ヶ島に辿りついた。久しぶりに現われた人間に興味津々の犬たちが遠巻きに眺めている。屋内飼いだったレックス、CM出演したキング、野球チームのマスコット犬だったボス、飼い主が恋しいデューク。元ペットの4匹とノラ犬だったチーフの5匹がアタリに協力してスポッツ捜索を開始する。
一方メガ崎市では、小林政権を批判しドッグ病の治療薬を研究していた渡辺教授が軟禁された。メガ崎高校新聞部のヒロシと留学生のウォーカーは、背後に潜む陰謀をかぎつけ調査を始める。

inugasima1.jpg

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

日本を舞台にしたり、リスペクトした作品はこれでいくつめでしょう。海外の監督さんたちの日本映画や文化への愛は嬉しいようなくすぐったいような気がします<なんで私がそれを言う!?
涙目のワンコに泣けるので、ティッシュやハンカチを忘れずに。これまで遊んでくれたあの子やこの子を思い出しそうな人には必須です。こんな繊細な物語が全てストップモーションアニメ(人形を少しずつ動かして1コマずつ撮影)だとは!犬の毛皮や人間の髪の毛も1本ずつ植え付けているんですよ〜!
20年後の設定ですが、今やあまり見かけない服装の人もいますね。アタリくん足袋と下駄、三船敏郎が好きだという監督のお好みなのかも。小林市長の言い草に、今の日本の状況と良く似ているのでは?と思うのは私だけではないはず。人心を掌握するにはまず「恐怖」からだそうですから、これもセオリーどおり。陰謀に気がついた人間たちとアタリと犬たちがどうやって抵抗するのか?ご注目ください。
豪華な声優陣に目を見張ります。書き切れないほど並んでいます。アンダーソン監督作品に出演したキャストたちが嬉々として集合したのではないでしょうか。日本からのキャストはこちらでお確かめ下さい。
数年前から気になっていたジオラマ・コマ撮りアニメクリエイターのMozuさんもちょびっと参加したそうです。どこに名前があったのか、もう一度観に行こうっと。第68回ベルリン国際映画祭のオープニング作品として上映され、コンペティション部門で監督賞(銀熊賞)を受賞しました。(白)


2018年/アメリカ/カラー/シネスコ/101分
配給:20世紀フォックス映画
(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
http://www.foxmovies-jp.com/inugashima/
★2018年5月26日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 17:36| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: