2018年05月13日

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち  原題:Smetto quando voglio - Masterclass

itudatte.jpg

監督・原案・脚本けシドニー・シビリア
出演:エドアルド・レオ(『おとなの事情』)、ルイジ・ロ・カーショ(『夜よ、こんにちは』、『人間の値打ち』)、ステファノ・フレージ、グレタ・スカラーノ、ヴァレリア・ソラリーノ

神経生物学者のピエトロ・ズィンニ(エドアルド・レオ)は、研究者仲間と合法ドラッグを製造してひと儲けしようとするも逮捕され収監されていた。一方、新型ドラッグが蔓延して、摘発に苦慮していたパオラ・コレッティ警部(グレタ・スカラノ)は、研究者たちに犯罪履歴を帳消しにする代わりに、捜査に協力してほしいと持ちかける。
ピエトロは合法ドラッグの研究者仲間を再結集。さらに、国外に頭脳流出していた研究者3人を呼び寄せ、総勢10人で30種類のスマートドラッグ撲滅に向けて奔走する・・・

本作は、『いつだってやめられる 7 人の危ない教授たち』(2014年)の続編。
2009年にギリシャで始まった欧州危機がイタリアにもおよび、大学研究者たちも収入をカットされたり、職を失ったりする者が続出。前作は、研究者たちが結集して、その才能を活かして合法ドラッグを開発するも逮捕されてしまったという物語。
続編である本作は、収監されている場面から始まります。
監督は、最初から『いつだってやめられる』3部作を考えていたとのことで、この10人は完結編では何をしでかしてくれるのでしょう・

それにしても、これがイタリアらしい風刺コメディ? 笑いのツボが、日本人とはどうも違うような気がします。
マグレブ人は騒がしい、アラブ人は数字に強い、アルバニア人と騒ぎを起こせば、また収監される・・・などなど、イタリアの刑務所も国際色豊かなのが垣間見られます。
研究者仲間を集結させるのにあたって、あいつはトルコとシリア国境での紛争鎮圧に参加しているに違いないなんて言葉も。社会問題も、ちらりと盛り込んでます。(咲)


イタリア映画祭2017出品作品

2017年/イタリア/イタリア語/119分/シネスコ/カラー
配給:シンカ
公式サイト:http://www.synca.jp/itsudatte/
★2018年5月26日(土)よりBunkamuraル・シネマほか全国ロードショー










posted by sakiko at 21:57| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: