2018年04月22日

オー・ルーシー!

        oh.jpg
監督:平柳敦子
脚本:平柳敦子、ボリス・フルーミン
撮影:パウラ・ウイドブロ
音楽:エリック・フリードランダー
出演:寺島しのぶ(川島節子/ルーシー)、南果歩(綾子)、忽那汐里(美花)、役所広司(小森/トム)、ジョシュ・ハートネット(ジョン)

43歳の独身OL川島節子。代わり映えのしない地味な仕事を惰性でこなしている。このまま勤めていずれ退職し、お一人様のまま生きるのか?誰も入れない部屋は、節子の心のスキマを生める物であふれている。そんなかさついた日常にちょっとした変化が訪れる。
姪の美花から頼まれて、妙な英会話教室に行ってみた節子は、やたら愛想のいいジョン先生に出会う。そこでは金髪巻き毛の鬘をかぶせられて「ルーシー」になる。同じ受講生の中年男・小森はトム。教室では互いにハグを交わすのが決まりで、節子はジョン先生のハグに思わずうっとりしてしまうのだった。久々に潤う心、ときめく胸・・・これは、こ、恋?しかーし節子の思いも知らず、なんと姪の美花とジョン先生は、手に手をとってアメリカに旅立ってしまったのでした。

寺島しのぶさんと役所広司さんが、ただのおばさんとおじさんになっていました。俳優さんのすごさを感じます。このツーショットは初めて見る気がしますが、節子が恋するのは、年下のジョン先生。いや、そっちでなく小森さんが確実よ、と声をかけたくなるところです。
寺島しのぶさんは『ヴァイブレータ』(2003)の舞台挨拶で大森南朋さんと並んだところを、間近で見たことがありますが、透明感のあるほんとに綺麗な方でした。何を演じても寺島しのぶでなく、その役に見える方です。
思い込みの強い節子はちょっとイタイ女性ですが、恋すると思わぬ力が出るもんだ、と納得させられます。眠ったように生きていた節子は突如行動を起こし、はるばるアメリカに飛んでいきます。シリアスでユーモラス、ドタバタもありながら、ほろりとさせる脚本。豪華な配役で驚かされた平柳敦子監督の初長編。ただものではありません。2016年サンダンス・インスティテュート/NHK脚本賞受賞作品でありました。(白)


2017年/日本、アメリカ/カラー/ヴィスタ/95分
配給:ファントム・フィルム
(C)Oh Lucy,LLC
http://oh-lucy.com/
★2018年4月28日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 20:14| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: