2018年04月08日

女は二度決断する    原題, Aus dem Nichts.  英題:IN THE FADE

onnnawa nido.jpg

監督:ファティ・アキン(『そして、私たちは愛に帰る』『消えた声が、その名を呼ぶ』『50年後のボクたちは』)
出演:ダイアン・クルーガー 、デニス・モシットー、ヨハネス・クリシュ、ヌーマン・エイカー、ウルリッヒ・トゥクール

ドイツ、ハンブルク。カティヤは麻薬売買で収監されていた恋人でトルコ系移民のヌーリの出所を迎えに行く。足を洗い真面目に働くと誓ったヌーリと結婚し、息子ロッコも生まれ、幸せな日々を送っていた。ある日、ヌーリに息子を預けるため事務所に立ち寄ったとき、店の前で新しい自転車に鍵もかけずにとめて立ち去ろうとする女性がいて、カティヤは思わず声をかける。が、気にせず立ち去る若い女。その日、店の前で爆弾が爆発し、ヌーリとロッコが犠牲になる。警察の捜査で、人種差別主義のドイツ人によるテロであることが判明する。容疑者が逮捕され裁判が始まる。カティヤが見かけた女性も一味だ。しかし、裁判では被害者である夫ヌーリが、移民二世であることや前科があることから、なかなか思うように進まない。あげく、証拠不十分で容疑者は無罪放免になってしまう。
真新しい自転車の上に置かれた荷物は爆弾だったと確信するカティヤ。愛する者を奪われ、絶望に暮れる彼女は、思い切った決断をくだす・・・

ファティ・アキン監督は、トルコ移民2世だが、ベルリン、カンヌ、ヴェネチア、世界三大国際映画祭すべてで主要賞受賞した、今やドイツを代表する名匠。
今回は移民ではなく、ドイツ女性をヒロインに据え、しかもそれをハリウッドで活躍するドイツ人女優ダイアン・クルーガーに演じさせている。
アキン監督は、ドイツ警察の戦後最大の失態と言われるネオナチによる連続テロ事件から本作を発想したという。初動捜査の見込み誤りから、10年以上も逮捕が遅れ、その間、犯人は殺人やテロ、強盗を繰り返したのだ。
戦後、多くの移民を受け入れてきたドイツだが、昨今の移民難民排斥の動きはドイツにも押し寄せている。そんな中で、これからも起こりかねないテロ事件。その犠牲になるのは、平穏に暮らしをしていた庶民。幸せを崩され、いつカティヤのような行動に出ることになるかわからない世の中。ファティ・アキン監督の憂いをずっしり感じた一作。(咲)


★第75回ゴールデングローブ賞 外国語映画賞ノミネート
★第90回アカデミー賞 外国語映画賞 ショートリスト
★第70回カンヌ国際映画祭 主演女優賞受賞!!

2017年/ドイツ/106分/ビターズ・エンド/DCP
配給:ビターズ・エンド
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/ketsudan
★2018年4月14日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開



posted by sakiko at 10:32| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: