2018年03月31日

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男(原題:Darkest Hour)

winston.jpg

監督:ジョー・ライト
脚本:アンソニー・マクカーテン
撮影:ブリュノ・デルボネル
音楽:ダリオ・マリアネッリ
出演:ゲイリー・オールドマン(ウィンストン・チャーチル)、クリスティン・スコット・トーマス(クレメンティーン・チャーチル)、リリー・ジェームズ(エリザベス・レイトン)、スティーヴン・ディレイン(ハリファックス子爵)、ロナルド・ピックアップ(ネヴィル・チェンバレン)、ベン・メンデルソーン(国王ジョージ6世)

1940年5月、第二次世界大戦初期。戦局はナチス・ドイツが圧倒的な勢力でフランスに侵攻、イギリスにも脅威が迫っていた。そんな国難の時期に内閣不信任案が出されたチェンバレン首相の後任として、前海軍大臣のウィンストン・チャーチルが就任した。ドイツとの和平交渉を主張する元首相と外相ハリファックスに陰口を叩かれながらも、徹底抗戦を誓う新首相のチャーチル。そんなときドイツ軍に追い込まれた英国軍が、フランス・ダンケルクの海岸まで撤退し孤立状態となった。30万人もの兵士を救出する術はあるか?

国民に愛されながら、度重なる失策で政党内では“嫌われ者”であったというチャーチル。英国王ジョージ6世も当初はチャーチルに懐疑的だったそうです。この作品では、朝からウィスキーを片手にウィットとユーモアに富んだセリフを吐くチャーチル、妻クレメンティーンに叱咤激励されながら難局に挑むチャーチルの姿を描きだします。
さきごろのアカデミー賞ではチャーチルを演じたゲイリー・オールドマンが主演男優賞を受賞しました。そのゲイリー・オールドマンの指名を受けて復帰した特殊メーキャップ・アーティスト辻一弘も、みごとアカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞。一躍話題になりました。
メイクアップのできばえは、大きな画面にアップになってもなんの違和感もなく、驚嘆するばかりでした。顔の幅や目と目の間の差など動かせないものの上にどうやってメーキャップを施していくのか、動画を探せばいくつか見つかります。
また昨年公開の『ダンケルク』、そのエピソードを映画化する映画『人生はシネマティック』もあわせてご覧下さい。(白)


2017年/イギリス/カラー/ビスタ/125分
配給:ビターズ・エンド、パルコ
(c)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.
http://www.churchill-movie.jp/
★2018年3月30日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 23:40| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: