2018年03月18日

ニワトリ★スター

niwatori.jpg

監督:かなた狼
原作:たなか雄一狼
脚本:いながききよたか、かなた狼
音楽:かなた狼
出演:井浦新(雨屋草太)、成田凌(星野楽人)、紗羅マリー(知花月海)、阿部亮平(爬部井学)、LiLiCo(管理人)、津田寛治(八田清)

2008年、東京の片隅の奇妙なアパートでだらだらと毎日を暮らす草太と楽人。30代半ばの草太は東京に出てきたときの気持ちなどはるか遠くへ行ってしまい、今や1階のバーのアルバイトと大麻の売り上げがたよりだ。20代の楽人(らくと)は真っ赤な髪に身体にはタトゥー、名前のとおり天真爛漫。草太を兄のように慕い、覚せい剤中毒のシングルマザー月海に恋している。風変わりな隣人たちとの毎日はそれなりに楽しかったが、ある日大麻の元締めである“組の方”に目を付けられてしまった。暴力思わぬ事件に巻き込まれる草太と楽人…。

一体何が起きるのだろうと目が丸くなる導入部。いまや現実がフィクションを越えてしまっているというかなた狼監督が、映画のコンプライアンスなど振り切って作りあげた初監督作品。過激な暴力場面はアニメに落とし込まれています。アニメーション監督は『ベルヴィル・ランデヴー』を手がけたアレクシー・ネチタイロ。
かなた監督とは10年前くらいに音楽を通じて知り合った井浦新さん、それ以来作品が出来上がるまでの過程をずっと観てきたそうです。そして約束どおりに草太として主演。
「この役は僕にしかできません!」と監督に猛アピールしたという成田凌さんは、奔放だけれど純粋な楽人を渾身で演じています。それがすごく可愛くてファンならずとも心わしづかみされるでしょう。この2人が様々な体験を経ていく道のりにいつか感情移入してしまいました。アパートの管理人役のLiLiCoさん、怖いヤクザの津田寛治さんに熱演賞。
生きているといろいろあるけれど、人間に大事なものはいつもシンプルで変わらない、とメッセージが伝わります。熱量MAXのこの作品、ジャンルはバイオレンス・ラブ・ファンタジー?!(白)


2017年/日本/カラー/シネスコ/135分
配給:マジックアワー
(C)映画「ニワトリ★スター」製作委員会
http://niwatoristar.com/
★2018年3月17日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 17:08| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: