2018年02月25日

一陽来復 Life Goes On

ichiyoraifuku_flyer0119_omote_72dpi.jpg

監督:ユンミア(尹 美亜)
撮影監督・共同監督:辻健司
ナレーション:藤原紀香、山寺宏一

2011年3月11日に起こった東日本大震災。津波で家や家族を失った人、原発事故で避難を余儀なくされた人。多くの人たちが今も深い悲しみと、どこにもぶつけることのできないやるせない思いを抱えて暮らしている。
本作は、岩手県釜石市、宮城県石巻市・南三陸町、福島県川内村・浪江町で被災した人たちの思いを追ったドキュメンタリー。

宮城県石巻市。木工職人の遠藤さん。子ども3人を津波で亡くし、奥さんと二人で暮らす。津波の犠牲になったアメリカ人英語教師テイラー・アンダーソンさんの両親から娘の名前を冠した文庫を作りたいと本棚の製作を依頼され、仕事を再開する。

宮城県南三陸町。そろばん教室に通うリサトちゃん。両親は震災の前日に結婚式を挙げたが、パパは津波の犠牲になり、写真のパパしか知らない。
毎朝「語り部バス」を運行している海辺のホテル。従業員の伊藤さんは、震災の記憶が風化していくことを懸念して、「なかったことにしたくない」と語り続ける。
借金をして個人商店を再興した酒屋さんや花屋さん。仮設の美容室にも昔の常連さんが戻ってくる。
アワビ獲りをする後藤さんは、水質検査をしてみたら、津波が汚れを一掃してくれて、海が50年若返ったと、思わぬ津波の功能を語る。

福島県川内村。原発から30キロ圏内に住む秋元さん夫婦。避難指示に従わず、有機にこだわり米や野菜を作り続けている。検査結果、放射能は検出されないものの出荷はできない。
商工会会長の井出さん。電力会社の人たちとは震災前からの付き合い。許せない人もいるだろうけど、復興のパートナーとして取り組まなければと語る。

福島県浪江町。6年経っても8万人が避難生活をしている。原発から15キロに位置する「希望の牧場」。被爆して殺処分対象の牛を今も飼い続ける吉沢さん。「殺処分した人も正しい」と複雑な胸の内を語る。

岩手県釜石市。鵜住居(うすのまい)神社の秋祭り。神輿も虎舞の衣装も流されたが、なんとか復興させた。避難所ともなった神社は町民の拠り所と神社総代の二本松富太郎さん。


一陽来復(いちようらいふく):冬が去り春が来ること。悪いことが続いたあと、ようやく物事がよい方に向かうこと。

震災で人生を一変させられてしまった人たち・・・
石巻の木工職人、遠藤さんの「子ども3人亡くしたって顔に書いてあるわけじゃない。人はそれぞれ色々背負って生きている」という言葉がぐっと胸に迫りました。
そして、3月11日の追悼式の日、ある女性の「6年目の節目と言われても、何か変わるわけじゃないけど、階段を作ってもらっているのかなと思う」という言葉に、震災の犠牲になった家族への思いを抱えながら、前に向かって生きていくしかないことをずっしり感じさせられました。
本作では、日本の美しい自然も映し出されていて、息をのみます。自然がもたらすのは禍だけでないことも感じさせられました。(咲)


東日本大震災で被災した人々を取材し続けるドキュメンタリーは、今も何作も作られているが、こんなにもたくさんの方たちに取材した作品というのはあまりないのではないかと思う。それぞれの「一陽来復」を祈らずにはいられない。
宮城県や福島県でほんとにいろいろな被災状況と、その後の生活の変遷を丁寧に取材していると思った。それにしても、こんなにたくさんの方たちの取材を続けるというのは並大抵のことではできないと思いつつ、今後もこの方たちを追い続けていってほしいと思う。(暁)


監督のユン ミア(尹 美亜)さんは、1975年生まれ、長野県出身。津田塾大学国際関係学科を卒業後、インドのタゴール国際大学でデザインを勉強。帰国後広報代理店やIT企業の広報担当後、映画の世界へ入る。2010年から、益田裕美子さんが代表を務める平成プロジェクトに参加。映画『李藝-最初の朝鮮通信使』(13)『サンマとカタール 女川つながる人々』(16/以上、乾弘明監督)制作プロデューサー、『シネマの天使』(15/時川英之監督)、『こいのわ 婚活クルージング』(17/金子修介監督)のプロデューサーを経て、本作で監督デビュー。

*本作は、復興庁「心の復興」事業の補助を受けて製作されました。

2017年/日本/81分/デジタル/5.1ch/16:9
制作・配給:平成プロジェクト
製作:心の復興映画製作委員会
(C) 2017 Kokoro Film Partners
公式サイト:http://www.lifegoeson-movie.com
★2018年3月3日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町他全国順次公開





posted by sakiko at 19:12| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: