2018年02月25日

ザ・シークレットマン(原題:Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House)

the s.jpg

監督・脚本:ピーター・ランデズマン
原作:マーク・フェルト、ジョン・オコナー
撮影:アダム・キンメル
出演:リーアム・ニーソン(マーク・フェルト)、ダイアン・レイン(オードリー・フェルト)、マートン・ソーカス(L. パトリック・グレイ)、アイク・バリンホルツ(アンジェロ・ラノ)、トニー・ゴールドウィン(エド・ミラー)

1972年5月、長年FBIに君臨してきたフーバー長官が急死、長官代理には次期長官かと思われていたマーク・フェルト副長官ではなく、ニクソン大統領に近いパトリック・グレイが就任した。
6月17日、ワシントンDCの民主党本部に侵入した男たちが逮捕された。盗聴器を仕掛けた彼らは再選を前にしたニクソン大統領政権と関わりのあることがわかる。フェルトを中心に捜査が始まるが、ホワイトハウスは無関係としてグレイ長官代理を通じて捜査に圧力をかけてくる。これに反発するフェルトは、秘かにマスコミに捜査情報を流し始める。

1974年8月9日にリチャード・ニクソン大統領が辞任するまで、機密情報を提供し続けた者は「ディープスロート」と呼ばれ、長く正体不明でした。事件からおよそ30年経った2005年、当時FBI副長官だったマーク・フェルトが自分だと雑誌の記事を通じて公表しました。ホワイトハウスはフェルトがディープスロートであることを突き止めながら、波及を怖れて口を閉ざしていたそうです。それほどFBIが握っていた重要人物の秘密が多かったということでしょう。いやはや闇は深い。
フェルトのプライベートな部分も描かれていたので本人の画像を探してみましたら、銀髪のスマートな方で、演じたリーアム・ニーソンのイメージも近いです。彼は60代半ばというのに最近アクションものの出演が目立ちますが、誠実で頼りがいがありそうだからでしょう。『シンドラーのリスト』(1993)も忘れられません。彼が出てくると安心という点でトム・ハンクスと双璧の男優さん。

ウォーターゲート事件を題材にした作品をあげておきます。
『大統領の陰謀』(1976)アラン・J・パクラ監督。
主人公は事件を取材する記者たち、ダスティン・ホフマン、ロバート・レッドフォード主演。
『ニクソン』(1995)オリバー・ストーン監督、アンソニー・ホプキンス主演。
『フロスト×ニクソン』(2005)ロン・ハワード監督

3月30日に公開のスティーヴン・スピルバーグ監督最新作『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2017)はニクソン政権の1971年、ベトナム戦争を分析・記録したアメリカ国防総省の最高機密文書を暴露したジャーナリストの実話を元にしています。合わせてご覧ください。(白)


2017年/アメリカ/カラー/シネスコ/103分
配給:クロックワークス
(c)2017 Felt Film Holdings.LLC
http://secretman-movie.com/
★2018年2月24日(土)新宿バルト 9 ほか全国ロードショーー


posted by shiraishi at 16:27| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: