2018年02月11日

長江 愛の詩(うた)  原題:長江図 英題:Crosscurrent

choukou.jpg

監督:ヤン・チャオ(楊超)
撮影:リー・ピンビン(李屏賓)
出演:チン・ハオ(秦昊)、シン・ジーレイ(辛芷蕾)

父を亡くしたガオ・チュンは、父の後を継いで小さな貨物船「広徳号」の船長となる。黒い魚をいけすに入れ、エサを与えず、魚が死んだら父親の魂は安らぎを得るとの言い伝えに従い黒い魚を捕らえて上海を旅立つ。花火のあがる船着場で、双眼鏡越しに見かけた女性の姿がなぜか心に残る。翌日、ガオは機関室で錆付いた缶の中にある「長江図」と題された手書きの詩集を見つける。20年前の1989年に、ガオの父親が長江を航行しながら綴った詩の数々だった。
やがて、ガオは上海で見かけた女性アン・ルーと出会い、愛を交わすようになる。彼女と出会うのは、なぜか父の詩に書かれた場所。しかも、会うごとに若くなっていく。やがて、三峡ダムを過ぎ、彼女が現われなくなったことにガオは気づく・・・  いったい、彼女の正体は? 

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016の特別招待作品として『長江図』のタイトルで上映された折り、スクリーンで観ることができなくて、DVDルームで拝見。悠久の長江の姿は、小さな画面では画面も暗くて、魅力が半減。いつかスクリーンで観たいと思っていました。
この度、公開が決まり念願が叶いました。映像の魔術師リー・ピンビンによる、息を飲む美しい長江の姿にうっとり。チン・ハオ演じるガオとともに、長江をのぼり、時折現われる美女の謎解きを楽しみました。
三峡ダムが出来、かなり上流の町にも高層ビルが林立し、急速に変わり行く中国の今も目にしました。ガオの父親が詩を綴った1989年というと、天安門事件の起こった年。中国の大きな転換期。詩に綴られた優美な世界も段々失われていくのでしょうか・・・ 
映像に残してくださったヤン・チャオ監督とリー・ピンビンに感謝です。
ぜひ、大画面でご覧ください。(咲)


2016年/中国/115分/DCP
配給:エスピーオー
公式サイト:http://cyoukou-ainouta.jp
★2018年2月17日(土)シネマート新宿、YEBIS GARDEN CINEMA他にて全国順次公開




posted by sakiko at 16:56| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: