2018年02月09日

ウイスキーと2人の花嫁(原題:Whisky Galore)

whisky.jpg

監督:ギリーズ・マッキノン
原作:コンプトン・マッケンジー
脚本:ピーター・マクドゥガル
撮影:ナイジェル・ウィロウビー
音楽:パトリック・ドイル
出演:グレゴール・フィッシャー(ジョセフ・マクルーン)、ナオミ・バトリック(ペギー)、エリー・ケンドリック(カトリーナ)、ショーン・ビガースタッフ(オッド軍曹)、ケヴィン・ガスリー(ジョージ・キャンベル)、エディ・イザード(ワゲット大尉)、ジェームズ・コスモ(マカリスター牧師)

第2次大戦中のスコットランドの小さな島。ウイスキーの配給がストップして、島民たちの何よりの楽しみがなくなってしまった。郵便局長ジョセフの2人の娘ペギーとカトリーナには愛する人との結婚が控えている。しかしそのときになくてはならないのがウイスキー。このままでは結婚が遠くなってしまう。
ある晩、濃霧のため島の沖で貨物船が座礁し、脱出した乗組員たちから積荷はアメリカ輸出用のウイスキーと聞いた。それもなんと5万ケース!大喜びの島民たちは、船が沈む前にウイスキーを“救出”しようとする。

下戸の私でもスコットランド名産といえばスコッチウイスキーが浮かぶほどです。暮らしにウイスキーは不可欠、切り離すことはできません。この小さな島でも戦争のため配給がなくなってすっかり暗くなっていたところに、棚ボタのようにふってわいた事件。ウイスキー好きの島民がそれを阻む輩を、知恵を絞って出し抜く様が面白おかしく描かれます。キーパーソンは民兵のワゲット大尉。自分を重要人物だと信じ、大真面目に規律を維持しようとするのですが、ちっとも役に立ちません。
ウイスキー事件にからめて、娘2人を送り出す父と、頑固な母親からやっと自立する息子の親子模様も加えられています。軽快な音楽にのせて繰り広げられる、人情コメディをお楽しみください。
これは史実を元にした同名映画(1949年)をリメイクしたもの。マッキノン監督もプロデューサーも観たことがあるそうです。好きだった映画のリメイクをするのはきっと嬉しいことでしょうね。来日されたマッキノン監督のインタビューはこちらです。(白)


配給:シンカ
(C)WhiskyGaloreMovieLimited2016
http://www.synca.jp/whisky/
★2018年2月17日(土)より全国ロードショー
posted by shiraishi at 22:20| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: