2018年02月03日

アウトサイダーズ(原題:Trespass Against Us)

outsiders.jpg

監督:アダム・スミス
脚本:アラステア・シドンズ
撮影:エドゥアルド・グラウ
音楽:トム・ローランズ
出演:マイケル・ファスベンダー(チャド・カトラー)、ブレンダン・グリーソン(コルビー・カトラー)、リンゼイ・マーシャル(ケリー・カトラー)、キリアン・スコット(ケニー)、ロリー・キニア(ロヴァッジ巡査)

強権的な父コルビーの指揮のもと、犯罪を生業としトレーラーを棲家に各地を点々としているカトラー一家。長男のチャドは子どものころから一家の跡継ぎとして犯罪に手を染めてきた。今は妻と2人の子どももあり、子ども達の教育のためにも足を洗って新しい生活をと望んでいる。しかし、ドライバーとして欠かせない役割のチャドが抜けることを父は決して許さない。父の命令である晩忍び込んだのは、州総督の豪邸。あっというまに警察の車に追われ、ようやく逃げ切ったチャドだったが、国内最大の強盗事件として大々的に発表される。父がわざと仕掛けたと気づいたチャドは、初めて反発をあらわにする。

実際にあった犯罪一家の映画はこれまでにも『エル・クラン』『全員死刑』などいくつかありました。大人ばかりならまだしも、その中に子どもがいるとイヤな感じが残ります。チャドは自分が学校に行かせてもらえず、今小学生の息子や娘の勉強もみてやれません。支配的な父親は孫を可愛がるものの「聖書と違うことを教える学校なんか行かなくていい」といい、自分の盗みは都合よく解釈しています(苦笑)。このままだと子ども達が自分の二の舞になると考えるチャドは、押さえつけられてきた父親の手を初めて外そうとします。
こちらの父親役はブレンダン・グリーソン『アサシン クリード』(2016)に続き、ファスベンダーとは2度目の父子役となりました。上映中の『パディントン2』では刑務所内で皆に怖れられている食事担当のナックルズを演じています。笑顔は優しいですが、睨まれるとやっぱり怖いですわ。(白)


2016年/イギリス/カラー/シネスコ/99分/R15+
配給:トランスフォーマー
(C)BFI, CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION AND TRESPASS AGAINST US LIMITED 2015
http://transformer.co.jp/m/outsiders/
★2018年2月10日(土)ロードショー


posted by shiraishi at 20:26| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: