2018年02月03日

犬猿

kenen.jpg

監督・脚本:吉田恵輔
撮影:志田貴之
音楽:津島玄一
出演:窪田正孝(金山和成)、新井浩文(金山卓司)、江上敬子(幾野由利亜)、筧美和子(幾野真子)

金山和成は印刷会社の営業マンとして働き、実父が負ってしまった借金をコツコツと返している真面目な青年。和成には卓司という兄がいるが、性格は全く違い乱暴でトラブルメーカーだった。犬猿の仲といっていいほど苦手な卓司とは疎遠になっている。
そんな和成が営業に通う印刷所にも、全く似ていない姉妹がいた。姉の由利亜は仕事ができて親思い。寝たきりの父親の介護をしながら、印刷所を引き継いで切り盛りしている。妹の真子は姉と違って気が利かず仕事はできないが、美人で愛想がいいのでウケが良く芸能活動にも手を出している。
ある日、卓司が和成のアパートを探し当てて転がり込んできた。金遣いが荒く、やりたい放題の卓司に和成はすっかり振り回される。

この作品の幾野姉妹は互いにコンプレックスがあり、相手への嫉妬が渦巻きます。和成が間にいるので余計面倒です。小さいときには仲良しだった金山兄弟はその後の道があまりにも隔たってしまい、和成は好き放題の卓司のとばっちりで迷惑してきたのですが、卓司には和成の困惑が理解できません。バトルは壮絶ですが、見ていると誰しもあるある、と思い当たりそうです。
姉役の江上敬子さんをこれで初めて知りました。セリフも動きも良くて存在感あります!日本映画学校俳優科出身の女子漫才コンビ“ニッチェ”のボケ担当の方だそうです。漫才のときのスタイルはまた別。出演作増えそうです。
兄弟姉妹は良き遊び相手であると同時に、産まれたときからのライバル。兄弟姉妹にもまれることは、外の世界に出るまでの絶好の社会トレーニング。ああそれなのに、いまや日本では一人の女性が一生のうちで産む子供の平均人数(合計特殊出生率)は1,4人くらいだそうです。ということは一人っ子かせいぜい2人。
子どもがほしくても、産む時期や仕事との両立、子育てにかかる費用などの問題が解決しない限り無理、という若いご夫婦が多いことでしょう。公的な援助が充実して、安心して出産・子育てができる環境になりますように。(白)


2017年/ 日本/カラー/シネスコ/103分
配給:東京テアトル
(C)2018「犬猿」製作委員会
http://kenen-movie.jp/
★2018年2月10日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 19:24| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: