2018年01月28日

スリー・ビルボード(原題:Three Billboards Outside Ebbing, Missouri)

3.jpg

監督・脚本:マーティン・マクドナー
撮影:ベン・デイビス
音楽:カーター・バーウェル
出演:フランシス・マクドーマンド(ミルドレッド)、ウディ・ハレルソン(ウィロビー)、サム・ロックウェル(ディクソン)、アビー・コーニッシュ(アン)、ジョン・ホークス(チャーリー)、ピーター・ディンクレイジ(ジェームズ)

ミズーリ州の片田舎の道路沿い。それまで忘れられ古びていた3枚の看板が真っ赤に塗り替えられ、地元警察のウィロビー署長の責任を問う言葉が書かれた。何者かに娘を無残に殺されたシングルマザーのミルドレッドが、7ヶ月前の事件にもかかわらず捜査は進展しないのに業を煮やしたのだった。真っ先に看板を見つけた警官のディクソンが広告会社に掛け合うが、違法ではないと突っぱねられる。
ウィロビー署長はミルドレッドを訪ね、捜査を続けていることを説明するが、ミルドレッドは撤去するつもりなどなく、テレビの取材陣にも怒りと悲しみをぶつける。ウィロビー署長を敬愛するディクソンや街の人々から嫌がらせを受け孤立しても、気持ちは揺るがない。

娘はレイプされたうえ火をつけられて殺されています。母親ならば怒り狂って当然。署長は捜査していると言うけれども、警察署の中はのんびりして暴力警官のディクソンはやりたい放題。署長の病気は気の毒でも、これは抗議されてもしかたがありません。ミルドレッドがさらに過激になるのには、ちょっと待てと思いましたが。
フランシス・マクドーマンドは『スタンドアップ』(2005)でも炭鉱のセクハラに立ち向かう主演のシャーリーズ・セロンを支える主婦役で、多くの賞にノミネートされていました。芯の強い姉御肌の女性が似合いますが、今回はさらに強くなっています。
サム・ロックウェルはほとんど一人で出ずっぱりだった『月に囚われた男』(2009)が忘れられません。差別主義者でマザコンの警官ディクソンは問題ばかり起こすのですが、実は多くの面を持っていて振れ幅が大きい役でした。本年度賞レースの大本命の作品をお見逃しなく。(白)


2017年/イギリス/カラー/シネスコ/116分
配給:20世紀フォックス
(C)2017 Twentieth Century Fox
http://www.foxmovies-jp.com/threebillboards/
★2018年2月1日(土)全国ロードショー
posted by shiraishi at 19:51| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: