2018年01月07日

西遊記 ヒーロー・イズ・バック(原題:西遊記之大聖帰来 Monkey King: Hero Is Back)

saiyuki.jpg

監督:田暁鵬(ティエン・シャオポン)
日本語版主題歌:渡梓
日本語吹き替え制作監修:宮崎吾朗
声の出演(日本語吹き替え):咲野俊介(孫悟空/斉天大聖)、羽村仁成(リュウアー)、子安武人(混沌)、麦人(お師匠さま)、遠藤純一(猪八戒/天蓬元帥)、園崎未恵(女妖怪)

妖怪に脅かされる長安。旅の一行が山の妖怪に襲われ、母親は赤ん坊を抱いて崖下へ身を投げた。生き残って川を流されていた男の子は托鉢僧に拾われ、リュウアーと名付け育てられた。親代わりのお師匠様について修行しているリュウアーの憧れは孫悟空。赤ん坊のときに親が持たせてくれたのが孫悟空の人形だったのだ。
町には今も妖怪が出没し、子供をさらっていく。リュウアーは女の子を助けて五行山の洞窟に逃げ込み、何かの封印を知らずに解いてしまった。現れたのは天界で大暴れしたため、お釈迦様に500年もの間、封じられていた孫悟空だった。リュウアーは憧れのヒーローが危機を救ってくれるものと大喜びするのだが。

IMG_0713.jpg
孫悟空イラスト入りトレーナー姿の田暁鵬監督(2016年3月)

この作品は2016年に開催された“アニメアワードフェスティバル2016”で上映されました。それまでに観たどの中国アニメとも違っていて、孫悟空のカッコ良さとこどもたちの可愛さに魅了されました。リュウアーはまだ非力ですが、もっと小さな女の子おちびちゃんを守ろうと必死です。自分のことしか考えていなかった孫悟空が心をゆさぶられていく過程に胸が温かくなります。今回また大きなスクリーンで観られるのを一ファンとして喜んでいます。エンドロールも最後までお席でご覧ください。
当時来日した田暁鵬監督にインタビューさせていただきました。田監督は自分のこどもに見せたいアニメを作ったとおっしゃっていました。とても気に入ってくれたそうです。記事は本誌97号に掲載しています。こちらのスタッフ日記もどうぞ。(白)


2015年/中国/カラー/シネスコ/88分
配給:HIGH BROW CINEMA
(C)2015 October Animation Studio, HG Entertainment
http://saiyuki-movie.jp/
★2018年1月13日(土)新宿ピカデリーほか全国順次ロードショー


posted by shiraishi at 19:47| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: