2017年12月24日

キングスマン ゴールデン・サークル(原題:Kingsman: The Golden Circle)

kingsman2.jpg
監督:マシュー・ヴォーン
原作:マーク・ミラー、デイブ・ギボンズ
脚本:ジェーン・ゴールドマン、マシュー・ヴォーン
撮影:ジョージ・リッチモンド
音楽:ヘンリー・ジャックマン、マシュー・マージェソン
出演:コリン・ファース(ハリー)、ジュリアン・ムーア(ポピー)、タロン・エガートン(エグジー)、マーク・ストロング(マーリン)、ハル・ベリー(ジンジャー)、エルトン・ジョン、チャニング・テイタム(テキーラ)、ジェフ・ブリッジス(シャンパン)

どこの国にも属さない最強のスパイ機関、キングスマン、表向きはロンドンの高級テーラー。エグジーは厳しい訓練を経て合格、エージェントのハリーに鍛えられて一人前になったが、麻薬組織ゴールデン・サークルの攻撃で各地の建物ばかりか構成員たちも吹き飛んでしまった。生き残ったのはエグジーとメカ担当のマーリンだけ。2人はアメリカの同盟組織ステイツマンを訪ねる。そこで出会ったのはテキーラ、シャンパン、ウイスキーの3人にメカ担当のジンジャー。そして前作で死んだはずのハリーだった。

前作『キングスマン』は2014年制作、日本では2015年9月に公開されてそのキレッキレのアクションや仕掛け満載の武器に目が丸くなりましたっけ。コリン・ファース演じるスーツの似合う英国紳士スパイがもう見られないかと思っていたら、まさかの復活です。少し手間ひまかかるんですけど。
前作の敵はIT富豪(サミュエル・L・ジャクソン)でしたが、今度の敵は自分は健康志向なくせに麻薬で大もうけしているサイコパスなポピー、演じるはジュリアン・ムーア。エルトン・ジョン(本人)を誘拐して自分のためにピアノを弾かせています。アメリカの新しいメンバーは名前の通りの飲兵衛ばかり。英米の違いもありあり、ちょっと面白いです。今回もアクション満載で大勢死ぬうえ、けっこうえげつないシーンもありますので覚悟のほど。(白)


2017年/イギリス/カラー/シネスコ/140分
配給:20世紀フォックス映画
(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
http://www.foxmovies-jp.com/kingsman/
★2018年1月5日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 21:45| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: