2017年12月10日

花筐 HANAGATAMI

hanagatami.jpg

監督:大林宣彦
原作:檀一雄作「花筐」より(講談社・文芸文庫)
脚本:大林宣彦/桂千穂「花筐」2017
撮影台本:大林宣彦「花筐」2017
製作:辻幸コ(唐津映画製作委員会会長)/大林恭子(PSC)
協力:檀太郎
出演:窪塚俊介、矢作穂香、常盤貴子、満島真之介、長塚圭史、山崎紘菜、柄本時生、門脇麦

1941年春、17歳の榊山俊彦(窪塚俊介)は両親と過ごしていたアムステルダムから一人で帰国し、佐賀県唐津の叔母(常盤貴子)の元に身を寄せる。新学期、海辺の教室では、個性豊かな同級生たちが山内教授(村田雄浩)と対峙していた。たくましい美男子の鵜飼(満島真之介)、ひょうきんな阿蘇(柄本時生)、虚無僧のような吉良(長塚圭史)・・・ 隙さえあれば、教室を抜け出し、松林で煙草を吸い、裸になって海で泳ぐ日々。俊彦は、肺病を患う従妹の美那(矢作穂香)にほのかな恋心を抱きながらも、あきね(山崎紘菜)や千歳(門脇麦)ら女友達と遊び、“不良”なる青春を謳歌していた。しかし、そんな彼らの前に、いつしか戦争の足音が近づいてくる・・・

大林宣彦監督が、1977年のデビュー作『HOUSE/ハウス』よりも前に書き上げていた幻の脚本を映画化し、『この空の花』『野のなななのか』に次ぐ戦争3部作の最終章として撮り上げた青春群像劇。原作は、昭和11年(1936年)に文芸誌に発表された檀一雄の純文学「花筐」。翌年、日中戦争が勃発。処女短編集「花筐」出版記念予告日に檀一雄は召集令状を受け取り、戦地へ赴いている。
映画では、時代を大林監督自身が経験した1941年に設定。

「青春が戦争の消耗品だなんてまっぴらだ」という言葉に、戦争前夜の若者の葛藤が象徴されている、
クランクイン直前に癌で余命3ヶ月を宣言された監督の、まさに命を振り絞って作り上げた作品には、敗戦を経験した作家として、語り継がなければいけないという思いが溢れている。
ここに描かれている青年たちは、お国の為に戦うという綺麗ごとをいうわけでもない。今を楽しみ、将来を夢見るいつの時代も変わらない若者たち。「戦争はいやだ」という大林監督の率直な言葉が胸に迫る。

そして、この映画の魅力はロケ地の唐津。冒頭の松林の向こうに海が見える教室。あんな教室で学びたい! 世捨て人のような吉良が暮らす家は、海辺の屋敷。かつて唐津を訪れた時に、海辺に広い庭園に囲まれたゆったりとした日本家屋の宿がいくつか並んでいて、その一つで昼食をいただいたのを思い出した。窓から海の向こうに唐津城を見晴らせる落ち着いた和室での至福のとき。祭の時期ではなかったが、唐津くんちの記念館では、赤い鯛の形の屋台が目をひいた。また訪れたくなった。(咲)


2017年/日本/カラー/DCP/アメリカンビスタ/169分
配給:新日本映画社
公式サイト:http://hanagatami-movie.jp/
★2017年12月16日 (土) 有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー




posted by sakiko at 21:04| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: