2017年12月10日

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命   英題:THE ZOOKEEPER’S WIFE

yudayajin doobutuen.jpg

監督:ニキ・カーロ(『スタンドアップ』) 
脚本:アンジェラ・ワークマン 
原作:ユダヤ人を救った動物園 ヤンとアントニーナの物語(亜紀書房)
出演:ジェシカ・チャステイン、ダニエル・ブリュール、ヨハン・ヘルデンベルグ、マイケル・マケルハットン 

1939年、ポーランド、ワルシャワ。ヤンとアントニーナの夫妻は、当時ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。
1939年秋、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発する。動物園の存続が危うくなる中、アントニーナはヒトラー直属の動物学者・ヘックから、動物を救うため希少動物を預かりたいと申し出を受ける。しかし、数日後、ヘックは態度を一変。「上官の命令だ」と、園内の動物たちを撃ち殺し始める。
この頃、ユダヤ人が次々とゲットー(ユダヤ人強制居住区)に連行されていた。その様子に、ヤンは妻のアントニーナに動物園をユダヤ人の隠れ家にすることを提案する。すでに動物園としては成り立たなくなっていて、ヤンは、動物園をドイツ兵の食料となる豚を飼育する「養豚場」として機能させていた。その餌となる生ごみをゲットーからトラックで運ぶ際に、ユダヤ人たちを紛れ込ませて運び出すという作戦を実行する。連れ出したユダヤ人たちを、自分たちの住む管理棟の地下に広がる動物のための檻が置かれた場所に匿う。園内にはドイツ兵が常駐していたが、夜になり彼らが寝静まった頃には、上の部屋に呼び出して温かい食事を提供し、くつろぎのひと時を過ごせるよう配慮した。上にあがっていい安全な時と、音をたてないで身を潜める時の区別は、アントニーナの弾くピアノの曲が合図だった。
ヤンは地下活動で留守がちで、アントニーナは一人でドイツ兵からユダヤ人たちを守る日々が続く・・・

ナチスの迫害からユダヤ人をいろいろな形で救った人たちがいることは、これまでにも映画で描かれてきましたが、動物園を隠れ蓑に匿ったことは初めて知りました。二人が匿ったユダヤ人は、数日の人から長期に亘った人まで総勢約300人にのぼるそうです。映画の最後に、ヤンとアントニーナの夫妻が、戦後およそ20年後、イスラエル政府から「諸国民の中の正義の人」に認定されたと記されていました。多くの非ユダヤの善意の人のお陰で命が救われたことを忘れないためのユダヤ人国家としての感謝の気持ちを表わすもの。そのユダヤ国家のパレスチナへの仕打ちを思うととても複雑な思いになります。そして、いま、世界全体に広まっている不寛容の空気。そんな時だからこそ、本作を鏡に、人種で他者を排除することの悲劇を繰り返さないようにしてほしいものです。(咲)
  
2017年/チェコ・イギリス・アメリカ/127分/スコープサイズ/5.1ch
配給:ファントム・フィルム
後援:ポーランド広報文化センター 公益社団法人日本動物園水族館協会 
協力:赤十字国際委員会(ICRC)
公式サイト:http://zookeepers-wife.jp/
★2017年 12月15日(金)より、TOHOシネマズみゆき座他にて全国公開




posted by sakiko at 09:29| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: