2017年12月03日

紅い襷 富岡製糸場物語

65b1aeb0ecc320de_R.jpg
(C)2017 富岡市/富岡製糸場映画製作委員会

劇場公開日 2017年12月2日

企画・製作:富岡市 製作総指揮:岩井賢太郎 
監修:今井幹夫、クリスチャン・ポラック
構成・総合プロデューサー:家喜正男 
プロデューサー:大谷千明樹、櫻井顕 
作:松井香奈 
監督:足立内仁章 撮影監督:間賢治(J.S.C.) 
美術:西沢和幸 音楽監督:谷川賢作
出演
水島優 吉本実憂 桐島ココ 木村夏子 ジリ・ヴァンソン 太田緑ロランス 金澤美穂 藤原希 中井ノエミ近童弐吉 木村知幸 愛華みれ 佐伯日菜子 磯部勉 高橋ひとみ
豊原功補 西村まさ彦 大空眞弓

激動の明治初期、女性たちの誇りがそこにはあった

明治政府は明治5年、群馬県富岡市に西洋と日本の技術を融合した世界最大規模の製糸工場、富岡製糸場を設立した。2014年、世界遺産に登録された富岡製糸場を題材に製作されたこの作品は、明治時代に日本の近代化を支える絹の生産に携わった女性たちの姿を描いている。
フランスから招いた“生糸の神様”に「生き血を抜かれる」という荒唐無稽な噂話が全国に広がって、工女集めに難航していると聞き、明治6年春、長野県松代の区長の娘、横田英は反対する父を松代と新しい日本の為と説得し、同郷の河原鶴らとともに富岡製糸場に工女として入場した。製糸場に到着した工女たちが目にしたのは、見たこともない美しいレンガ作りの建物とピカピカの機械。そして真摯に糸を紡ぐ先輩工女たちの姿だった。
全国から集った工女たちは、フランス人女性教師の厳しい指導のもと、繭から糸を取り出す作業から始め、糸を紡ぐまで技術を一日も早く習得し、紅い襷(たすき)を掛けることが許される一等工女になり、故郷で指導者になることを目指していた。しかし、身分や出身県による差別などの問題も出てきた。さまざまな苦労を味わいながらも、製糸業を通して日本の近代化に尽力した若き日本人女性たちの姿を描いた。長野・松代の工女、横田(和田)英の手記と取材資料をもとに作った作品。

製糸業というと「あゝ野麦峠」が有名だが、副題は「ある製糸工女哀史」。こちらは飛騨から岡谷の製糸工場に働きに出た少女たちの悲惨な姿を通して、国策で有力な貿易品であった生糸の生産を支えた工女たちの姿を伝えている。『紅い襷 富岡製糸場物語』は、その前の時代の女性たちの姿ということかなと思う。富岡製糸場で糸紡ぎをマスターした工女たちが故郷に帰って指導したということで、いずれも、そういう工女たちの働きが明治時代にあったということを忘れてはいけないと思う。(暁)

公開情報
東京都 12月2日(土)〜12月14日(木)渋谷シネパレス 
愛知県 12月9日(土)〜 名演小劇場 
宮城県 12月30日(土)〜 桜井薬局セントラルホール
埼玉県 1月6日(土)〜1月12日(金) MOVIXさいたま
公式HP https://akaitasuki.com/
(2017/100分/カラー/日本/ビスタサイズ/デジタル)
配給 パル企画 上映時間100分













posted by akemi at 21:07| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: