2017年12月03日

ルージュの手紙(原題:The Midwife)

ruju.jpg

監督・脚本:マルタン・プロヴォ
撮影:イヴ・カペ
音楽:グレゴワール・エッツェル
出演:カトリーヌ・フロ(クレール)、カトリーヌ・ドヌーヴ(ベアトリス)、オリヴィエ・グルメ (ポール)、カンタン・ドルメール(シモン)、ミレーヌ・ドモンジョ(ロランド)、ポーリーヌ・エチエンヌ(セシール)

クレールは助産師として働き、女手一つで息子を育て上げた。子育てを終えても、お洒落や遊びに興味を持てず菜園の手入れをしながら質素な生活を送っている。そんなクレールのもとに1本の電話がかかってくる。30年前、父と自分を捨てて姿を消した継母のベアトリスからだった。酒とギャンブルが好きで自由に生きてきたが、このほど癌が見つかったという。唯一愛した男性はクレールの父親だけなので、死ぬ前にもう一度会い許してもらいたいと戻ってきたのだ。しかし父親はベアトリスが突然去った直後自殺している。ベアトリスは悲嘆にくれるが、クレールは今更という思いだった。

原題の「Midwife」とは助産師のこと。資料によると、マルタン・プロヴォ監督が生まれた時、助産婦が自らの血を輸血して命を救ったのだとか。監督は2年前母親から聞いて彼女を探したけれど見つけることができなかったそうです。彼女への感謝を主人公を同じ職業にすることで表したのだそうです。
本作は二人のカトリーヌの初共演になりました。カトリーヌ・フロは1956年生まれ61歳(映画の役は49歳)。セザール賞ノミネートの常連でしたが、音痴の歌姫に扮した『偉大なるマルグリット』でついに主演女優賞を獲得しました。10代から女優をスタート、今や世界的大女優となったカトリーヌ・ドヌーブは1943年生まれ74歳。貫禄とゴージャスさが増していますね。実年齢よりずっと若くて綺麗なお二人です。
プロヴォ監督は『セラフィーヌの庭』(2008年)『ヴィオレット ある作家の肖像』(2013年)でも知られ、女性の心を丁寧に描かれる方です。アリとキリギリスのように正反対な生き方をしてきたクレールとベアトリスが少しずつ相手を理解し、違いを認めあう過程に共感しました。お酒が飲めず、ギャンブルをする度胸もない私はクレール寄りですが、言いたいことを言い、気ままな風か媚びない猫のようなベアトリスもまた羨ましい気がします。(白)


2017年/フランス/カラー/ビスタ/117分
配給:キノフィルムズ
(C)CURIOSA FILMS - VERSUS PRODUCTION - France 3 CINEMA (C)photo Michael Crotto
http://rouge-letter.com/
★2017年12月9日(土)よりシネスイッチ銀座ほかにて全国順次公開
posted by shiraishi at 16:25| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: