2017年11月19日

gifted/ギフテッド(原題:Gifted)

gifted.jpg

監督:マーク・ウェブ
脚本:トム・フリン
撮影:スチュアート・ドライバーグ
出演:クリス・エバンス(フランク)、マッケンナ・グレイス(メアリー)、ジェニー・スレイト(ボニー)、リンゼイ・ダンカン(イブリン)、オクタビア・スペンサー(ロバータ)

フロリダの小さな港町。メアリーは生まれてすぐに母親を亡くして、叔父のフランクが親代わりとなった。フランクは独身だが、姉の遺志どおり生まれたばかりのメアリに愛情を注いで育ててきた。7歳になって小学校に行き始めるとすぐに、メアリーの天才的な数学の才能が明らかになってしまう。フランクは頑なに特別扱いを拒み、子どもらしくしなさいと言い聞かせる。学校になじんだころ、フランクの母イブリンが孫娘に英才教育を受けさせようとやってきた。フランクとメアリーに拒絶されると、二人を引き離すために様々な妨害工作を始める。

『(500)日のサマー』(2010年)『アメイジング・スパイダーマン』(2012年、2014年)のマーク・ウェブ監督が大作の後に原点に戻ったかのような、心温まるストーリーを送り出しました。キャプテン・アメリカで一躍名をはせたクリス・エバンスが無精ひげにヨレヨレのシャツ、何かワケありそうな叔父役です。メアリー役マッケンナ・グレイスは長いまつ毛と垂れ気味の大きな目が可愛い!2006年生まれだそうですが、この撮影のときはまだ前歯が生えそろっていません。数学の天才少女の役なので、私にはさっぱり意味不明の数式をすらすらと黒板に書いていきます。これは暗記したのでしょうか?ひれ伏したくなります(筆者:数Tで躓きました)。これからどんな女優に成長するのか楽しみです。
欧米には潜在的能力のある“ギフテッド”と呼ばれる子どもたちに特別の教育を施すクラスや学校があるようです。名前の通り「神から選ばれ、特別な能力を贈られた」と認め、さらに育ようとするんですね。日本でもきっとそんな子どもたちがいるのではと思いますが、教育は浸透するのでしょうか。(白)


2017年/アメリカ/カラー/シネスコ/101分
配給:20世紀フォックス映画
(C)2017 Twentieth Century Fox
http://www.foxmovies-jp.com/gifted/
★2017年11月23日(土)よりTOHOシネマズシャンテほか全国で公開


posted by shiraishi at 20:03| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: