2017年11月11日

猫が教えてくれたこと    原題:Kedi (トルコ語で「猫」)

neko kedi.jpg

監督:ジェイダ・トルン 
製作:ジェイダ・トルン、チャーリー・ウッパーマン 
主演猫(castならぬ cats) :サリ、ベンギュ、アスラン・パーチャシ、サイコパス、デニス、ガムシズ、デュマン

アジアとヨーロッパが出会う町、イスタンブール。
ビザンツ、オスマン帝国と、歴史が刻まれた町には猫たちがよく似合う。
そして、そこには、猫たちを愛する人たちがいる。
そんな町で暮らす7匹の野良猫たちと、彼らを優しく見守る人たちの物語。

ガラタ塔の袂を寝城にする虎猫のサリは、母親になり、子猫たちのために餌を探す日々。
工場で暮らすメス猫のベンギュは、甘え上手でなでられるのが大好き。
ボスポラス海峡沿いのレストランの店先に住むアスラン・パーチャシ(小さなライオン)は、鼠退治の名人。
最強のメス猫、サイコパス。餌は食べ残しを旦那に。自分より可愛い猫がいると嫉妬心丸出しで襲う。
オーガニック・マーケットで皆に愛されているデニス。
アーテイストの多いジハンギルで暮らすガムシズ(憂いがない=お気楽)は、よく怪我をするけど気にしない。
ハイソなニシャンタシュの高級レストラン「デリカッテッセン」の前に住み着いているデュマン。灰色の毛に翠の目の高貴な雰囲気。お腹が空いても店の中には決して入らない。ガラスを叩いて知らせる礼儀正しさ。

こんな猫たちの周りには、毎日、10キロの鶏肉で餌を作る男性、猫の傷を治すことで自分の心の傷を癒しているという女性等々・・・

冒頭、ガラタ塔からボスポラス海峡の向こうにモスクが林立する光景が上空から写し出されて、住んでもいいくらい大好きなイスタンブールに一気に心は飛んでいきました。
歴史にはぐくまれたイスタンブールの町も、今、急速に近代化が進んでいる様子が映し出されます。古い住居が壊され、高層アパートやショッピングモールに変貌し、土がなくなると猫たちが用を足す場所がなくなると心配する人たち。でも、心配なのは猫たちだけではありません。これまで築いてきたご近所付き合いがなくなって寂しい思いをしている人たちも多いことでしょう。猫たちを通して、大都市が抱える問題にも言及したドキュメンタリー。
11歳の時に、生まれ育ったイスタンブールを離れた監督にとって、本作は故郷へのラブレターにもなっています。
猫好きの方にはもちろん、猫には興味のない方にも、普段着のイスタンブールの町を楽しんでいただける一作です。(いわゆる観光地はあまり出てきません) 実は私も特に猫好きじゃないのですが、猫の生態も興味深く拝見しました! 猫って、ほんとにわが道をいく生き物だ! (咲)


kedi top 320.jpg
公開を前に来日したジェイダ・トルン監督にお話を伺いました。
インタビュー詳細は、特別記事でどうぞ!

2016年サイドウォーク映画祭・ベストファミリーフィルム

配給:アンプラグド 
2016年/79分/ アメリカ/5.1ch/ビスタ/カラー 
c2016 Nine Cats LLC
★2017年11月18日(土)シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA他全国順次公開



posted by sakiko at 09:08| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: