2017年10月22日

ブレードランナー 2049(原題:Blade Runner 2049)

2049.jpg

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
原作:フィリップ・K・ディック
脚本:ハンプトン・ファンチャー、マイケル・グリーン
撮影:ロジャー・ディーキンス
プロダクションデザイン:デニス・ガスナー
音楽:ベンジャミン・ウォルフィッシュ、ハンス・ジマー
出演:ライアン・ゴズリング(K)、ハリソン・フォード(リック・デッカード)、アナ・デ・アルマス(ジョイ)、シルビア・ホークス(ラヴ)、ロビン・ライト(ジョシ)、ウォレス(ジャレッド・レト)

2049年、世界には病気と貧困が蔓延していた。荒廃したカリフォルニアで、Kは標的の旧型レプリカントを追い詰めていた。旧型はすでに製造停止になり、危険とみなされてKのような専門の捜査官“ブレードランナー”により排除されている。現在はより従順で労働力として最適な、多くの新型レプリカントをウォレス社が開発していた。Kは事件を捜査中に重大な秘密を知ってしまい、その鍵を握る人物を探す。そして30年前レプリカントと共に姿を消したブレードランナー、デッカードにたどりついた。

『ブレードランナー』(1982)の35年ぶりの続編。あの独特の世界観を構築したリドリー・スコット監督は、本作では製作総指揮。メガホンをとったのは『灼熱の魂』(2010)、『プリズナーズ』(2013)、『ボーダーライン』(2015)、『メッセージ』(2016)とヒットが続いているドゥニ・ヴィルヌーヴ。前作へのリスペクトが様々なシーンに埋め込まれています。見直した方がより楽しめるでしょう。
プロダクションデザイナーは007シリーズを手掛け、ディズニーの『イントゥ・ザ・ウッズ』も記憶に残っているデニス・ガスナー。「おお〜!」というシーンが何度もあります。あの雨そぼ降る街角に立ってみたい。
ライアン・ゴズリングが人間とレプリカントの間でゆれるKを演じ、過酷な日を送る彼の癒しとなるジョイを、キューバ出身のアナ・デ・アルマス。印象的な顔立ちにイーライ・ロス監督の『ノック・ノック』でキアヌ・リーブスを誘惑していた一人だったのを思い出しました。女優さんが男優さんと互角に渡り合い、アクションも力いっぱい、大活躍しています。(白)


2017年/アメリカ/カラー//163分
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
http://www.bladerunner2049.jp/
★2017年10月27日(金)よりロードショー

【来日記者会見をLIVE配信】
10月23日(月)AM10:30スタート(予定)
『#ブレードランナー2049』公式Twitterならびにfacebookにてそれぞれライブ配信
登壇者:ハリソン・フォード、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、シルヴィア・ホークス、アナ・デ・アルマス
posted by shiraishi at 19:23| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: