2017年10月11日

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(原題:War for the Planet of the Apes)

saru.jpg

監督:マット・リーブス
脚本:マーク・ボンバック、マット・リーブス
出演:アンディ・サーキス(シーザー)、ウッディ・ハレルソン(大佐)、スティーブ・ザーン(バッド・エイプ)、カリン・コノバル(モーリス)、アミア・ミラー(ノバ)、テリー・ノタリー(ロケット)、タイ・オルソン(レッド・ドンキー)、マイケル・アダム(スウェイトルカ)、トビー・ケベル(コバ)、ガブリエル・チャバリア(プリーチャー)、ジュディ・グリア(コーネリア)

生き残っている人間と猿との全面戦争の2年後。シーザーは猿たちと滝の裏側に砦を築き身を潜めて暮らしていた。人間側には冷酷非情な大佐が軍を率い、容赦のない攻撃をかけている。大佐の奇襲に遭い、シーザーの妻と息子が命を落としてしまった。大佐への憎悪に燃えたシーザーは、群れを新たな隠れ家へと移動させ、一人復讐のために旅立つつもりだった。シーザーを気遣うモーリスやロケットは、彼の気持ちを理解して同行を申し出る。

『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』(2011)『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(2014)に続くシリーズ最終章。いつも冷静沈着なリーダーだったシーザーが家族を失って初めて悲しみと怒りで我を忘れてしまいます。アンディ・サーキスは猿の造形の下、迸る感情を見せて激しく観客の心を揺さぶります。最初に観た『猿の惑星』の着ぐるみからなんと進化したことでしょう。俳優の演技と共に、それぞれの造形に苦心してこられたモーション・キャプチャ―や美術のスタッフたちに拍手を送りたいです。
大佐役のウディ・ハレルソン、戦争のただなかにあって敵の猿にとっては冷酷非情な男ですが、彼は人間世界を救うリーダーでもあります。シーザーとは表と裏で背中合わせに立っているような役柄で、熱演でした。
最終章となる今回は、猿と人間を繋ぐ小さな出会いが用意されています。シーザーが産まれてから人間に受けた愛情を、今度は口のきけない少女が猿たちから受けることになります。シーザーと大佐との壮絶な闘いの対極にあり、観客にわずかな希望をもたらしてくれました。(白)


2017年/アメリカ/カラー/シネスコ/140分
配給:20世紀フォックス映画
(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
http://www.foxmovies.jp/saruwaku-g/
★2017年10月13日(土)全国ロードショー
posted by shiraishi at 19:49| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: