2017年10月08日

立ち去った女    英題:The Woman Who Left

tachisatta.jpg

監督:ラヴ・ディアス
出演:チャロ・サントス・コンシオ、ジョン・ロイド・クルズ

1997年6月30日、フィリピン。女性刑務所の作業場。香港の中国返還に伴うフィリピン経済弱体化のニュースが流れている。かつて小学校の教師だったホラシアは、身に覚えのない殺人の罪で、30年の歳月を刑務所で静かに過ごしてきた。
ある日、受刑者で親友のペトラから思いがけない告白を受ける。ホラシアが犯人とされた殺人事件の真犯人はペトラで、ホラシアに罪を着せた黒幕は、ホラシアのかつての恋人・ロドリゴだというのだ。
ホラシアは釈放され、家に戻るが夫はすでに亡くなり、息子は行方不明だった。ホラシアは、自分にぬれぎぬを着せたロドリゴを追って復讐の旅に出る。ロドリゴの住むという町で、ホラシアはバロット(アヒルの卵)売りの貧しい男からロドリゴの情報を得る。一方でパロット売りの身の上話を聞いて助けてあげるホラシア。昼は教会で過ごし、夜になるとパロット売りのところに行き、ロドリゴへの復讐の時を待つホラシアの前に、物乞いの女や、心と身体に傷を抱える謎の女が現われる・・・

モノクロで描かれる圧倒的な映像美。
無実の罪で30年もの年月を刑務所で過ごしたホラシアの虚しい思いが、ぐっと迫ってくる。ロドリゴへの復讐に燃えながら、自分の前に現われる弱い人たちには温かく手を差しのべるホラシア。本質的に、鬼になれない女性なのだ。
本作は、『ショーシャンクの空に』の原点ともなったロシアの文豪トルストイの短編小説に着想を得た人間ドラマ。
3時間48分、息を殺して画面を見守った。(咲)


2016年/フィリピン/228分/モノクロ/1.85:1/DCP
配給:マジックアワー
公式サイト:http://www.magichour.co.jp/thewoman/
★2017年10月14日 シアター・イメージ フォーラムほか全国順次ロードショー!





posted by sakiko at 19:35| Comment(0) | フィリピン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。