2017年09月01日

エイリアン コヴェナント(原題:Alien: Covenant)

alien.jpg

監督:リドリー・スコット
脚本:ジョン・ローガン 、ダンテ・ハーパー
撮影:ダリウス・ウォルスキー
出演:マイケル・ファスベンダー(デヴィッド/ウォルター)、キャサリン・ウォーターストン(ダニエルズ)、ビリー・クラダップ(オラム)、ダニー・マクブライド(テネシー)、デミアン・ビチル(ロープ)、カーメン・イジョゴ(カリン)、エイミー・サイメッツ(ファリス)、ジャシー・スモレット(リックス)、キャリー・ヘルナンデス(アップワース)、ナサニエル・ディーン(ハレット)

宇宙船コヴェナントは2000人の入植者を乗せ地球を離れ、新しく移住する惑星を目指していた。長い旅路を管理するのは最新型のアンドロイド“ウォルター”、乗組員たちはみなカップルで冷凍睡眠中だった。しかし、アクシデントで冷凍睡眠装置の中の船長を含む乗員たち数十人が死亡してしまう。急きょ目覚めた他の乗員の中から船長代理としてオラムが選出される。謎の信号をキャッチしたコヴェナントは、亡くなった船長の妻ダニエルズの強い反対にも関わらず、入植地として適合するかどうかを確認するため、その発信元の惑星へ向かう。その惑星は地球の環境と酷似しており、穀物が育っていた。目指していた惑星より適切、と喜んだのもつかの間、調査隊は窮地に立たされることになった。

1979年公開のリドリー・スコット監督のCFホラー映画『エイリアン』の前日譚、2012年『プロメテウス』の続編、新シリーズの2作目となります。最初の作品で人間の肉体を食い破って生まれてくるエイリアン出現の衝撃が大きく、「エイリアン」ということばは、この作品で世界的に認知されたはず。最新作も前作に引き続きリドリー・スコット監督の手によるとはなんとも喜ばしいです。
『プロメテウス』で登場したアンドロイド“デイビッド”の最新型“ウォルター”と乗組員とが、エイリアンに遭遇してしまいます。この難局をどう乗り切るかが見どころ。
出演作が続いているマイケル・ファスベンダーは本作で、新旧のアンドロイドの二役。同じ場面に二人現れても昔の合成シーンと違って視線があらぬ方向を見ることもなく、全く違和感ありません。ダニエルズ役のキャサリン・ウォーターストンは『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016)のティナ役が記憶に新しいです。それにしても闘う女性が[ランニング姿]になるのはお約束なんでしょうか。男優がしっかりした装備で身体を守っていても、女優は必ずどこか肌を見せているんですよね。(白)


2017年/アメリカ/カラー/シネスコ/122分
配給:20世紀フォックス映画
(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
http://www.foxmovies-jp.com/alien/
★2017年9月15日(金)全国ロードショー
posted by shiraishi at 11:46| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: