2017年08月27日

トリガール!

tori.jpg

監督:英勉
原作:中村航「トリガール!」(角川文庫刊)
脚本:高橋泉
撮影:小松高志
出演:土屋太鳳(鳥山ゆきな)、間宮祥太朗(坂場大志)、高杉真宙(高橋圭)、池田エライザ(島村和美)、矢本悠馬(古沢)、前原滉(横原)、佐生雪(メガネ女子)、ナダル(アナウンサー)、羽鳥慎一(ペラ夫)、轟二郎(轟二郎似の住職)

これまで深く考えることなく、お気楽に流されて生きて来た鳥山ゆきな。一浪して入った理系大学に夢も希望も持っていなかった。ストレートで入学した年下の和美に誘われ、和美お目当てのサークル見学にしぶしぶついていく。そこは鳥人間コンテスト%賞を目指す人力飛行サークル。殺し文句をささやかれた圭先輩に一目惚れしてしまい、撮影が趣味の和美と一緒に入部する。自転車通学で脚力だけはあるゆきなはパイロット班。これで圭先輩と2人になれる、と甘い想像を巡らしていたゆきなを打ち砕いたのは、最強のパワーを持つ坂場先輩。ハンサムだけれどヤンキーな外面とは反対にメンタルは最弱。失敗のトラウマを乗り越えられないままでいる坂場とコンビを組むことになってしまった。

テレビの特別番組の鳥人間コンテスト≠ヘ我が家もずいぶん前から見ていました。発足はなんと40年前、途中断続しながら今も続いています。つい7月には20qで向きを変えて折り返し20qを戻り着水(まだ余力はあった模様)、往復40qという新記録が生まれました。
映画では挑戦する大学サークルでの舞台裏、学生たちの奮闘ぶりが細かに描かれます。
同名の原作は中村航。コンテストの常連だった母校の芝浦工業大学のサークルをモデルに書かれた青春部活¥ャ説です。2人乗り自転車のパワーでプロペラを回して空を飛ぼうというのですから、想像しただけで足がつりそうです。俳優さんたちさすがに若い! 全力疾走です。
英勉(はなぶさつとむ)監督は『ハンサム★スーツ』(2008)でデビュー後、貞子で怖がらせながら、『行け!男子高校演劇部』(2011)『ヒロイン失格』(2015)などの青春もので笑わせ楽しませてくれました。
お年頃の美男美女の4人、あちこちを向いている恋愛ベクトルがどうなるのかは観てのお楽しみ。(白)


2017年/日本/カラー//98分
配給:ショウゲート
(C)2017「トリガール!」製作委員会
http://torigirl-movie.com/
★2017年9月1日(金)TOHOシネマズ新宿他、全国ロードショー


posted by shiraishi at 15:32| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: