2017年08月19日

パターソン(原題:Paterson)

paterson.jpg

監督・脚本:ジム・ジャームッシュ
撮影:フレデリック・エルムス
美術:マーク・フリードバーグ
衣装:キャサリン・ジョージ
出演:アダム・ドライバー(パターソン)、ゴルシフテ・ファラハニ(ローラ)、バリー・シャバカ・ヘンリー(ドク)、クリフ・スミス(メソッド・マン)、ウィリアム・ジャクソン・ハーパー(マリー)、永瀬正敏(詩人)

アメリカ ニュージャージー州パターソン市。パターソンはここで生まれ育ち、市営バスの運転手をしている。小さな家に妻のローラとブルドッグのマーヴィンと住み、毎朝決まった時間に起き、朝食をとり、ランチボックスを持って出勤する。同僚と挨拶を交わし、決まったルートをバスで走る。聞こえてくる乗客の会話に微笑み、空き時間には秘密のノートに詩を書きつける。帰宅してローラと話しながら夕食。マーヴィンと夜の散歩に出かけ、いつものバーでビールを1杯飲んで一日が終わる。時間がゆったりと流れていく。

映画は毎朝、夫婦が眠るベッドの上からのシーンで始まります。日曜日まで概ね同じような毎日が繰り返されます。だからと言って「もっと別の何か!」とか「ここではないどこか!」とか、叫んだりしません。若い頃の黒澤久雄さんにちょっと似たアダム・ドライバー演じるパターソンは、マッチのラベルにも詩を感じとり、愛妻と愛犬との生活に満足しています。ローラは夫の詩の讃美者であり、アーティスト。白黒の模様にこだわり、インテリアや洋服、カップケーキにも描いてしまう可愛い妻を『彼女が消えた浜辺』のイランの女優ゴルシフテ・ファラハニが魅力たっぷりに演じています。バーでの一騒動やバスの故障、マーヴィン(パルム・ドッグ賞!)のいたずらの他たいした事件もないけれど、詩心を持っていれば退屈なんてありえません。パターソンがノートに綴る詩は、ジャームッシュ監督が好きなアメリカの詩人ロン・バジェット作だそうです。アダム・ドライバーの筆跡で、語りに合わせて画面に上書きされていきます。綺麗で読みやすい字でした。
パターソンが出会う日本の詩人は、旧知の永瀬正敏のために監督が作った役。短い間に強い印象を刻んでいきました。aha!
グーグルアースで探してみたら、パターソン市はニューヨークの近く。広さも人口も多摩市くらい。滝もすぐ見つかります。パターソンが歩く道筋、バスの走る道も追いかけることができそうです。お試しを。(白)


2016年/アメリカ/カラー/ビスタ/118分
配給:ロングライド
Photo by MARY CYBULSKI (C)2016 Inkjet Inc. All Rights Reserved.
http://www.ttcg.jp/topics/master-selection/
★2017年8月26日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 13:52| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: