2017年08月13日

ダイバージェントFINAL(原題:Allegiant)

di.jpg

監督:ロベルト・シュベンケ
原作:ベロニカ・ロス
脚本:ノア・オッペンハイム
撮影:フロリアン・バルハウス
出演:シャイリーン・ウッドリー(トリス)、テオ・ジェームズ(フォー)、オクタビア・スペンサー(ジョアンナ)、マイルズ・テラー(ピーター)、アンセル・エルゴート(ケイレブ)、ゾーイ・クラビッツ(クリスティーナ)、ナオミ・ワッツ(イブリン)、ジェフ・ダニエルズ(デイビッド)

近未来のシカゴ。最終戦争の後、人類は「無欲」「平和」「高潔」「勇敢」「博学」の5つの派閥に分けられ管理されてきた。「無欲」の両親のもとで育ち、16歳になって派閥を選ぶ試験を受けたトリスは、実際は「異端者(ダイバージェント)」と診断されたが「勇敢」に行く。厳しい訓練を経て生き残ってきたが、大規模なクーデターにより体制は崩壊してしまった。新しく支配者となったイヴリンもまた強権を振るい、以前の抑圧された日々となんら変わらない。内戦の気配が濃くなったころ、封印されていた祖先からの「真実の声」を聞いたトリスたちは、壁とフェンスを越えて、新天地へと向かう。そこには驚愕の世界が待っていた。

シリーズ第3作目。タイトルのとおりこれで全ての決着がつきます。このシリーズ、出演者も豪華でした。シャイリーン・ウッドリー演じるヒロイン、トリスは強くたくましい女性に成長しています。
ダイバージェントであることを隠してきたトリスや仲間たちも、全ての派閥が崩壊したおかげで自分の行きたい道を選ぶことができます。必ずどれかに属さなければならない、という生き方は安心かもしれませんが窮屈でもあります。人間はそうきっちりと分けられない曖昧な存在であり、変化もしていくものです。
ほかにはなかったこの設定が面白くて、映画の原作本6冊(「異端者」「反乱者」「忠誠者」各上下巻/角川文庫)を一気に読んでしまいました。映画は3部作になっていますが、どうしても端折らねばならない部分が出ます。原作本を読むと登場人物たちが映画のキャストで浮かんでくるのと、見逃したことや疑問だったことが氷解するのが嬉しいです。
70年代後半、角川書店が映画制作に参入したとき「読んでから見るか、見てから読むか」と広告をうちました。ネタバレもわりあい平気な私は単純に先に出会った方、手に入った方から。皆様はどちらでしょうか? (白)


2016年/ アメリカ/カラー/シネスコ/120分
配給:シンカ
TM & (C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved./(C)Murray Close.
http://divergent.jp/
★2017年8月19日(土)より角川シネマ有楽町ほか全国順次公開


posted by shiraishi at 17:26| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: