2017年08月06日

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦   原題:Anthropoid

Anthropoid.jpg

監督・脚本:ショーン・エリス 
出演:キリアン・マーフィ、ジェイミー・ドーナン、ハリー・ロイド、 シャルロット・ルボン、アンナ・ガイスレロヴァー

第二次世界大戦中、チェコスロヴァキアを統治していたナチスの親衛隊大将ラインハルト・ハイドリヒ。
本作は、ヒトラー、ヒムラーに次ぐナチス第三の男ハイドリヒ暗殺の史実の影で暗躍した若き英雄たちの物語。

1941年12月、大英帝国政府とロンドンのチェコスロヴァキア亡命政府の指令を受け、ヨゼフ・ガブチークとヤン・クビシュの2人の軍人がパラシュートでチェコに降り立つ。森を彷徨い、プラハのレジスタンス仲間のもとにたどり着く。2人からハイドリヒ暗殺作戦「エンスラポイド(類人猿)作戦」を明かされたプラハの抵抗組織の人々の中には、係わったことが知られると、家族の身も危なくなると反対する者もいた。
やがて、ハイドリヒが次の任地に向かうらしいことがわかり、ロンドンから暗殺決行の指令がくだる。1942年5月27日、ヨゼフとヤンは、ついにハイドリヒを狙撃するが、ナチスは想像を絶する報復に出る・・・

潜伏先の隠れ家でお手伝いとして働いていた可憐な娘マリーと恋に落ち、結婚までしたヤン。無謀な暗殺作戦に反対するレジスタンス仲間もいたし、暗殺決行の指令とは別に、イギリスからはもう一通、作戦中止の伝言も届いていたそうです。
ヨゼフやヤンだけでなく抵抗組織の人たちは、作戦決行の日、自決用の青酸カリを手に家を出ています。教会にたてこもって、ナチスの報復に抵抗しますが、悲惨な最期を迎えます。自分を犠牲にしてでも、残虐なナチスの権力者を倒したいという思いに胸を打たれました。そんな勇気ある人たちの行動も虚しく、その後のナチスの血の報復命令で、1万人以上の市民が犠牲になったそうです。
プラハに旅した時、地図をみていて王宮と反対側の川沿いにユダヤ人墓地を見つけて行ってみました。ユダヤ人が多く住んでいた地区だったらしく、シナゴーグの壁一面にナチスの犠牲になったユダヤ人のお名前が記されていました。ドイツやオランダ、フランス、ポーランドだけでなく、チェコでも多くのユダヤ人が犠牲になったことを知りました。
プラハというと、「プラハの春」で、ソ連軍によって多くの市民が犠牲になったことがまず思い浮かびますが、ナチスもこの町に暗い歴史を刻んだのですね。それが、こんな出来事だったとは・・・ (咲)



2016年/チェコ・イギリス・フランス/ 120分/5.1ch/シネスコ
配給:アンプラグド
公式サイト:http://shoot-heydrich.com/
★2017年8月12日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次公開


posted by sakiko at 18:05| Comment(0) | チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: