2017年07月23日

ビニー/信じる男(原題:Bleed for This)

vinny.jpg

監督・脚本:ベン・ヤンガー
撮影:ラーキン・サイプル
出演:マイルズ・テラー(ビニー・パジェンサ)、アーロン・エッカート(ケビン・ルーニー)、ケイティ・セイガル(ルイーズ・パジェンサ)、キアラン・ハインズ(アンジェロ・パジェンサ)、テッド・レヴィン(ルー・デュバ)

スーパーライト級のプロボクサー、ビニー・パジェンサはチャンピオンのロジャー・メイウェザーに叩きのめされ、さすがの鼻っ柱も折れたかに見えた。プロモーターから引退をすすめられたビニーは逆に奮起、かつては名トレーナー、今や酒浸りのケビン・ルーニーを訪ねていく。二人の猛特訓が功を奏し、二つ上の階級で挑んだビニーはジュニアミドル級チャンピオンとなった。しかし、直後の交通事故によりビニーは首の骨を折る重傷、日常生活への復帰さえ危ういと診断された。ボクサーとして再起を望むビニーは、周囲の反対を押し切って手術はせず、頭を金属の装具ハローで固定する方法を選んだ。

これが実話をもとにしているというのにまず驚きました。ひん死の重傷から生還しただけではなく、誰も予想しなかった無謀ともいえるボクシングへの再挑戦を成し遂げたとは、まるでスポ根ものヒーローです。
ビニー役のマイルズ・テラーはプロボクサーの身体を作るため12sの減量、ケビン役のアーロン・エッカートは自堕落な生活を送るトレーナーを表現するため18sの増量。いつもスマートな彼が、頭を半分剃り上げ、メタボ体形で登場したので別人かと思いました(次の仕事のため、すぐ減量したそうです)。
マイルズ・テラーは『セッション』(2014)のアンドリュー役の印象が強いせいか、まだ20代初めかと思っていましたが1987年2月生まれなので、30代でした。続いて『ダイバージェント』のピーター役、このビニー役、と、自分の身体で説得力を倍増させる俳優です。息長く活躍してほしいです。(白)


2016年/アメリカ/カラー/117分
配給:ファントム・フィルム
(C)BLEED FOR THIS, LLC 2016
http://vinny-movie.com/
★2017年7月21日(土)TOHOシネマズシャンテほか全国順次公開
posted by shiraishi at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック