2017年07月21日

十年   英題:TEN YEARS

juunen.jpg

映画が製作された2015年から10年後の香港を、5人の若手監督が描いた5つの物語。 

第1話『エキストラ』監督:クォック・ジョン(郭臻)
第2話『冬のセミ』監督:ウォン・フェイパン(黄飛鵬)
第3話『方言』監督:ジェヴォンズ・アウ(歐文傑)
第4話『焼身自殺者』監督:キウィ・チョウ(周冠威)
第5話『地元産の卵』監督:ン・ガーリョン(伍嘉良)

毎秋、香港で開催される中規模映画祭「香港亞洲電影節/ホンコン・アジアン・フィルム・フェスティバル」でワールド・プレミア上映され、同映画祭で2回上映された後、香港アートムービーの発信基地「百老匯電影中心/ブロードウェイ・シネマテーク」で単館公開。
口コミで動員を伸ばし、連日満席。その後、上映館数を6館に増やし、旧正月を挟んだ2016年2月12日までの8週間、香港映画としては異例の長期興行となった。製作費50万香港ドル(約750万円)のインディーズ映画の最終興行収入は、なんと600万香港ドル(約9,200万円)に。ついには、2016年の香港電影金像奨で最優秀作品賞を受賞した。

今年の7月1日で、中国回帰から20年を迎えた香港。50年間は「高度の自治」を保障する一国二制度を摘要したはずだったのに、すでにあやしい雲行き。『十年』で描いた2025年には、さらに中国本土との同化が進んでいるのではないかと危惧します。

一番印象に残ったのが、3つ目の物語『方言』。香港の人たちが本来使っていた広東語がどんどん隅に追いやられる中、普通語(中国で使われる標準中国語)が出来ないタクシー運転手の悲哀を描いた痛烈な作品。大陸から来た客から言われた行先がわからなくて、若い子から広東語読みの地名を教えられる。やがて、空港や主要ターミナルのタクシー乗り場には普通語が出来ないと入れなくなってしまう。そんなことが現実になる日もありえるかもと思わせられた一作。ほかの4作も、それぞれに考えさせられる物語でした。(咲)


配給:スノーフレイク
2015年/香港/広東語/DCP/ステレオ/104分
公式サイト:http://www.tenyears-movie.com/
★2017年7月22日(土) よりK's cinemaほか全国順次公開
posted by sakiko at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック