2017年07月02日

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(原題:Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales)

pirates.jpg

監督:ヨアヒム・ローニング、エスペン・サンドベリ
製作:ジェリー・ブラッカイマー
脚本:ジェフ・ナサンソン
撮影:ポール・キャメロン
音楽:ジェフ・ザネリ
出演:ジョニー・デップ(ジャック・スパロウ)、ハビエル・バルデム(サラザール)、ブレントン・スウェイツ(ヘンリー・ターナー)、カヤ・スコデラーリオ(カリーナ・スミス)、ケビン・R・マクナリー(ギブス)、ジェフリー・ラッシュ(ヘクター・バルボッサ)、オーランド・ブルーム(ウィル・ターナー)、キーラ・ナイトレイ(エリザベス・スワン)
日本語吹き替え:栗山千明、中川大志

ヘンリー少年は、幽霊船に閉じ込められている父に会うために荒れた海に漕ぎ出した。ヘンリーの父は、かつてジャック・スパロウの盟友だったウィル・ターナー。呪いによって10年に一度しか海の上に出られず、初めて父と子が対面した。ヘンリーは10年後の再会までに父の呪いを解くため、あらゆる文献を調べ上げる。そのカギとなるのは伝説の秘宝「ポセイドンの槍」とわかった。そのありかを知るには、伝説の海賊ジャック・スパロウの持つコンパスが必要だった。
英国軍の水兵となったヘンリーは、魔の三角海域で“海の死神”サラザールに出くわし、乗員は皆殺しに遭ってしまう。サラザールはヘンリーだけは生かし、ジャック・スパロウへの言伝を頼む。船は遭難し、ヘンリーは流れ着いた島で魔女裁判にかけられた天文学者のカリーナに出会う。彼女は生き別れた父の残したガリレオ・ガリレイの日記の謎を研究していた。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ第5弾。最新作で最後の作品となるようです。2003年の『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊』から14年。ジャック・スパロウはちっとも年を取っていないように見えますが、ウィルとエリザベスの息子はいつのまにか青年になっていました。ヘンリー役のブレントン・スウェイツ(『キング・オブ・エジプト』主役)、天文学者カリーナ役のカヤ・スコデラーリオ(『メイズ』のヒロイン)、二人とも20代の若手ですが、すでにお子さんもいるのだそうです。
シリーズでは毎回強敵が現れますが、今回のサラザールは海賊を狩る“海の処刑人”、ジャック・スパロウのために魔の三角海域に閉じ込められまさに「恨み骨髄に徹す」で、恐ろしい姿になってしまった男です。ハビエル・バルデムの大き目のお顔がひび割れて迫力満点の凄い形相で、たとえ明るいところでも遭いたくない…。さぞメイクに時間がかかったことでしょう。シリーズを通じての宿敵といえばバルボッサ、彼の語られなかった部分が今回明らかになり、ちょっと泣かせるいいお話が詰め込まれていました。
どんなに大変な状況に陥っても、全く慌てず飄々としているスパロウ、父親ティーグがキース・リチャーズ(ワールド・エンドに出演)、叔父ジャックがポール・マッカートニー(本作!)と大物揃いなのですから、な〜るほどと納得してしまいました。大立ち回りや手の込んだしかけや美術など、目を楽しませる要素もたくさん。ヒットシリーズの締めくくりを見届けてくださいませ。(白)


2017年/アメリカ/カラー/シネスコ/129分
配給:ディズニー
(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
http://www.disney.co.jp/movie/pirates.html
★2017年7月1日(土)より全国ロードショー
posted by shiraishi at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451444413
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック