2017年06月24日

ラオス 竜の奇跡(原題:サーイ・ナームライ)

laos.jpg

監督:熊澤誓人
脚本:熊澤誓人、守口 悠介
撮影:金子正人
音楽:栗コーダーカルテット
出演:井上雄太(川井)、ティダー・シティサイ(ノイ)

1960年(昭和35年)ラオス。ダム建設の調査のため日本からやってきた青年・川井。調査中の事故で行方不明となったが、首都ビエンチャンは内戦が勃発。川井の捜索は打ち切られてしまう。
2015年のラオス。ノイは家族との軋轢で家を飛び出し、憧れていた都会生活を始めていた。友人に誘われ湖の観光に来たが、いつしか友人とはぐれてしまう。アイフォンも不通になり、困っているノイを村人が世話をしてくれた。話が食い違うのを怪訝に思っていたが、タイムスリップして1960年に来てしまったらしい。半信半疑のまま村で暮らすしかないノイは、ある日川のほとりに流れ着いた川井を見つける。

ラオスと日本、初の合作映画です。まず、ラオスってどこにあるの?というくらい馴染みのない国でした。インドシナ半島の内陸部にあり、5つの国(ミャンマー、中国、ベトナム、タイ、カンボジア)と国境を接しています。本州くらいの広さに約700万人が暮らしています。東南アジアで海に面していない唯一の国で、国の7割が山岳地帯と高原。都市部は急激に開発が進んでいます。
この映画にはまだ開発の波が来る前の、緩やかな川が恵みをもたらす農村の風景と、近隣との絆や風習を大切にする暮らしがありました。祭りのようすなどなんだか懐かしくほっこりします。
タイムスリップして、知らなかった時代の人や暮らしにふれ、これまでの自分を振り返る、少しだけいい方向に変わるというのはよくある設定ですが、全然知識のなかったラオスが舞台なのが新鮮でした。最初何かと文句の多いノイはほんとに今どきの女の子で、これはいずこも同じ。
川井役の井上雄太さんは、イケメン+長身でモデル経験もあり。大卒後サラリーマンだったのが俳優の道が諦められず、転身したのだそうです。これが初主演ということで注目しています。これからもぜひ精進してくださいね。(白)


2016年/日本・ラオス合作/カラー/シネスコ/112分
配給:アークエンタテインメント
http://saynamlai.movie/
★2017年6月24日(土)有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック