2017年05月28日

LOGAN ローガン(原題:Logan)

logan.jpg

監督・原案:ジェームズ・マンゴールド
脚本:スコット・フランク、ジェームズ・マンゴールド、マイケル・グリーン
撮影:ジョン・マシソン
音楽:マルコ・ベルトラミ
出演:ヒュー・ジャックマン(ローガン/ウルヴァリン)、パトリック・スチュワート(チャールズ・エグゼビア/プロフェッサーX)、ボイド・ホルブルック(ドナルド・ピアース)、スティーブン・マーチャント(キャリバン)、ダフネ・キーン(ローラ)

2029年。地球上のミュータントは大半が死滅し、ウルヴァリンことローガンもこれまでの闘いで傷つき疲弊して、治癒能力もしだいに衰えていた。メキシコ国境に近いテキサスで出自を隠して運転手として働き、ミュータントのキャリガンと、老いを迎えているチャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)の世話をしていた。ある日ガブリエラという女性が、娘のローラをノースダコタまで送り届けてほしいと現れる。ガブリエラは子どもに実験を繰り返すトランジェン研究所の看護婦で、収容されていたローラや子どもたちを脱走させたのだった。ローラを奪還しようとピアース一味が襲撃してくる。ローガンはチャールズとローラを車に乗せ、ノースダコタへと向かう。ローラは押し黙っていたが、凶暴で戦闘能力が高く、しかもローガンそっくりの特徴を持っていた。

2000年に公開となった最初の『X-MEN』(ブライアン・シンガー監督)でローガン/ウルヴァリンを演じたヒュー・ジャックマン。17年間にわたって9作目の出演となりました。2013年日本ロケを行った『X-MEN SAMURAI』の監督も務めたジェームズ・マンゴールド監督と一緒に来日、先日プレミア上映会、翌日記者会見が行われました。
IMG_3579.JPG

ミーハー心を満タンにして出かけた会見。すらりと背が高く(小顔!)立ち姿も美しいヒュー・ジャックマン。最後のウルヴァリンとなった本作には格別の思いがあるようでした。ヒーローものでは今までになかった主人公が描かれています。ジェームズ・マンゴールド監督とヒュー・ジャックマンがミュータントのスーパーヒーローではない「人間的なドラマ」に全身全霊をこめた作品。
「最後に監督から素晴らしいプレゼントをもらった気分です。今はとても平和で満足しています」と語っていました。また特筆に値するのがローラ!台詞がないときの目力といい、動きの良さといい、二人が「ダフネ・キーンに会えたのは奇跡」というだけあります。(白)


2017年/アメリカ/カラー/シネスコ/138分/R15+
配給:20世紀フォックス映画
(C)2016 Twentieth Century Fox
http://www.foxmovies-jp.com/logan-movie/
★2017年6月1日(木)全国ロードショー
posted by shiraishi at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック