2017年05月21日

夜明け告げるルーのうた

yoake.jpg

監督:湯浅政明
脚本:吉田玲子、湯浅政明
音楽:村松崇継
主題歌:斉藤和義「歌うたいのバラッド」
出演:谷花音(ルー)、下田翔大(カイ)、篠原信一(ルーのパパ)、柄本明(カイのじいさん)、斉藤壮馬(国夫)、寿美菜子(遊歩)、千鳥(大悟、ノブ)

中学生の少年カイは両親の離婚により、東京から寂れた漁港の日無(ひなし)町に移ってきた。父と祖父と男ばかりの3人所帯で、自分の気持ちを口に出すこともなく暮らしていた。たった一つの楽しみは、自分で作った曲をネットにアップすること。匿名なので誰にも知られていない。同級生の国夫と遊歩のバンド“セイレーン”に誘われ、気乗りしないまま練習場所の人魚島に行く。演奏を始めると人魚の少女ルーが3人の前に現れて、楽しそうに歌い踊る。それからたびたび現れるルーに、カイの心がしだいにほぐれて行く。

『夜は短し歩けよ乙女』に続いて公開される湯浅監督の新作。人魚の女の子と人間の男の子の交流ということで、ジブリの『崖の上のポニョ』を思い出しました。海外作品だとディズニーアニメ、実写だと古くは『スプラッシュ』(1984)、中国の『ふたりの人魚』(2000)『人魚姫』(1月公開)など人魚モノは多いですね。
人魚は漁師にとっては不吉で災いをもたらすというのは世界共通なんでしょうか。この作品では、漁師からいやがられるだけでなく、人魚を金儲けに利用しようと企む大人も登場。愛らしいルーがどうなってしまうのか、カイが自分の心からの声を出すことができるのか?が見どころ。大人も子供も楽しめること請け合います。2017年アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門公式コンペティション作品(白)


音楽を聴くと、足が生えて踊りだす人魚のルー。苦手なのは、お日さま。活発に動くのは夜明け前まで。人魚伝説のある町の名前が「日無町」なのも納得です。
海に突き出た家屋の下から、小船がそのまま出せる構造の家がずらっと並んだ様に、あ、これは丹後半島の伊根の光景!と、かつて訪れた時の感動を思い出しました。
裏日本にある日無町は架空の町ですが、「伊根の舟屋」のほかにも、名古屋の島の港町、倉敷の商店街、尾道の旧泉屋別邸などを参考にして描いたそうです。町並みを眺めながら、これはどこかなと想像するのも楽しいです。(咲)


2017年/日本/カラー/107分
配給:東宝映像事業部
(C)2017ルー製作委員会
http://lunouta.com/
★2017年5月19日(金)より上映中
posted by shiraishi at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック