2017年05月14日

メッセージ(原題:ARRIVAL)

message.jpg

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
原作:テッド・チャン「あなたの人生の物語」ハヤカワ文庫刊
脚本:エリック・ハイセラー
撮影:ブラッドフォード・ヤング
音楽:ヨハン・ヨハンソン
出演:エイミー・アダムス(ルイーズ・バンクス)、ジェレミー・レナー(イアン・ドネリー)、フォレスト・ウィテカー(ウェバー大佐)、マイケル・スタールバーグ(ハルパーン捜査官)、マーク・オブライエン(マークス大尉)、ツィ・マー(シャン将軍)

ある日、地球上の12ヵ所に宇宙から来たと思われる飛行物体が現れた。巨大な楕円形をしたそれは、中空に静止し何の働きかけもない。目的も意図もわからず、各国は不安と混乱の中にあった。言語学者のルイーズ・バンクスのもとに、アメリカ軍のウェバー大佐が協力要請に訪れる。ルイーズはウェバー大佐が聞かせた異星人の発する音声に言語学者としての興味を惹かれる。その言語を解読することに力を注ぎ、ついに物理学者のイアンらと飛行物体の中の異星人との接触を試みる。

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品は『灼熱の魂』 (2010)、『プリズナーズ』『複製された男』(2013)、『ボーダーライン』 (2015)と公開されていて、いずれも強い印象を残しました。この作品もSFでありながら同時にルイーズのドラマも描いていて、思いがけないラストに観終わった後もう一度観直したくなりました。
原作は短編であっというまに読み終えてしまいましたが、脚本とプロダクションデザインで不安と期待が入り混じった「未知との遭遇」をスクリーンに繰り広げてくれます。異星人の言語(視覚されたのはまるで前衛書道みたいです)をこうやって理解することが本当に可能なのでしょうか??わくわくします。いやその前に人間同士もっとなんとかならんの?とも思うのですが。作中でも各国の様々な対応が観られます。
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は SF映画の金字塔ともいえるあの作品の続編『ブレードランナー 2049』の監督にも抜擢、公開は10月末です。楽しみですね。その前にぜひこの作品をお見逃しなく。(白)


2016年/アメリカ/カラー/シネスコ/116分
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
http://www.message-movie.jp/
★2017年5月19日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449885671
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック