2017年05月14日

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17 ロイヤル・オペラ『蝶々夫人』

chouchou.jpg

(C)ROH. PHOTO BILL COOPER

作曲:ジャコモ・プッチーニ
演出:モーシュ・ライザー/パトリス・コーリエ
指揮:アントニオ・パッパーノ
出演:エルモネラ・ヤオ(蝶々夫人〉、マルセロ・プエンテ(ピンカートン)、スコット・ヘンドリックス(シャープレス領事)、カルロ・ボッシ(ゴロー)

バレエ、オペラともに世界最高の名門歌劇場、英国ロイヤル・オペラ・ハウスの人気公演の舞台映像を『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17』と題して上映される9本目の作品。

上空から見た英国ロイヤル・オペラ・ハウス。
そこに続々と集まる人々。
開演前の楽屋。
ナビゲーターの女性による解説で、プッチーニが3年かけて作りあげた渾身の作も、1904年の初演は失敗に終わり、1幕目が長すぎるなどの批判をもとに練り直して上演。それが評判をよび、現在も演じられていることが語られる。
そして、いよいよ1幕目。
長崎の港を見晴らす丘に立つ家。アメリカ人士官ピンカートンと結婚することになった蝶々さんは15歳。裕福な士族の娘だったが、父親がお上の命で切腹し家が没落、芸者となった。結婚仲介人ゴローの口利きで現地妻を娶るピンカートンの行為を、アメリカ総領事シャープレスは軽率だと忠告するが意に介さない。そんなことも知らず、キリスト教に改宗し、親族とも縁を切って、ピンカートンを信じて結婚する蝶々さん。やがて、ピンカートンは任期を終えて帰国する。

10分の休憩をはさんで、第2幕の前に、また解説。
蝶々さんを演じたアルバニア人のエルモネラ・ヤオの練習風景も。

3年後。ピンカートンが帰ってくるのを信じて待つ蝶々さん。女中のスズキに、彼の乗った船が入港したと眼を輝かせて告げるが、夜になっても彼はやってこない。寝ずに待っている蝶々さんの傍らには3歳になる男の子が寝ている。早朝、ようやく蝶々さんが横になった頃、ピンカートンがアメリカ人の妻ケイトを伴ってやって来る。後ろめたさに逃げるピンカートン。ケイトは、蝶々さんの息子を引き取り、アメリカでわが子として育てると進言する。息子の幸せを願う蝶々さんは承諾し、父が切腹した時の短剣で自害する。

ロイヤル・オペラの音楽監督アントニオ・パッパーノが、 明るく興奮に満ちた少女から、愛によって自己を犠牲にする女性へと変化する蝶々のドラマチック な心の旅を指揮する。

あまりにも有名な「ある晴れた日に」の歌と共に、知っているつもりだった「蝶々夫人」ですが、オペラを全編通して観たことはありませんでした。解説付きの本作を通じて、日本を舞台にした物語が、どんな風に演じられているのかを知ることができ、興味津々。
日本人からみると、衣装がどこかおかしいとか、室内にある仏像を拝んでいるとか、違和感があるのは否めません。まぁご愛嬌。映画だと、顔がアップになるので、日本人役なのに西洋人の顔であることや、年齢が設定年齢と違うことなどが気になりますが、微妙な表情がよく見えて、それはそれで利点でしょう。舞台だと、遠くから見て、きっとそれらしく見える演技者たちの実力。

長崎のグラバー園にあるリンガー邸で、戦前のヨーロッパで蝶々夫人を演じて名を馳せた喜波貞子(Teiko Kiwa)さんの展示を見たのを思い出しました。長崎に住む母親から送ってもらった着物やかんざしなど装飾品の数々が目を引きました。ヨーロッパで使われていた衣装に違和感を覚えて、本物にこだわり、取り寄せたのでしょう。

一途に夫を愛する純情な蝶々さんの悲恋物語。(若いですからね)
まったくひどい男だと思うけど、こんな輩はどこの国にもいるでしょう。
百年以上にわたって上演し続けられている「蝶々夫人」。外国人は、きっと異国情緒に惹かれるのでしょう。
それにしても、長崎があんなにも風光明媚なところと、原作者も、プッチーニも知っていたでしょうか。グラバー邸のあるのは南山手で、蝶々さんの家のある東山手ではないのですが、グラバー邸に佇むと、いかにも蝶々さんの舞台という思いがします。あの景色を毎日眺められるなら、待っていられるかな。(咲)


配給:東宝東和
公式サイト:https://www.tohotowa.co.jp/roh/
★2017年5月26日(金)より全国順次公開 
posted by sakiko at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック