2017年05月07日

八重子のハミング

2017年5月6日(土)より有楽町スバル座他全国ロードショー
posterS.jpg_R.jpg
(C):Team『八重子のハミング』
監督・脚本:佐々部清 原作:陽信孝
プロデューサー佐々部清,野村展代
キャスト
升毅:石崎誠吾 高橋洋子:石崎八重子
文音:石崎千鶴子 中村優一:石崎英二 安倍萌生:石崎百合子

癌手術から生還した夫とアルツハイマー病の妻。
壮絶な介護の日々を綴る


 癌の手術を4度受けた夫と、若年性アルツハイマー病を発症した妻。実話を元に二人の絆を描いた。
山口県萩市を舞台に、4000日にも及んだ妻八重子の介護を続けた石崎誠吾。夫の献身的な老老介護と家族の協力。友人たちや地域の人たちの協力、地元との関係も浮き出される。
二人は教員時代に巡り会い結婚。かつて音楽の教師だった八重子は徐々に記憶を無くして若年性アルツハイマー病を発症した。大好きな歌を口ずさむ時は明るい顔を取り戻すことも。八重子の好きだった歌のこと、アルツハイマーを発症してからの生活。家族のこと。
夫も癌を患いながらの介護で、二人の闘病生活はなかなか思い通りにいかない。
妻に寄り添い続ける誠吾の12年にもわたる日々が描かれる。なれない介護生活の中で夫は短歌を詠む。
「紙おむつ 上げ下げをする 度ごとに 妻は怒りで われをたたけり」
「幼な子に かえりし妻の まなざしは 想いで連れて 我にそそげり」
この短歌に、原作者 陽信孝(みなみ のぶたか)氏の妻への思いがこもる。
陽さんは、後に講演会で「妻を介護したのは12年。その12年間はただただ妻が記憶をなくしていく時間やからちょっと辛かったですいねぇ。でもある時こう思うたんです。妻は時間を掛けてゆっくりと僕にお別れをしよるんやと。やったら僕も妻が記憶を無くしていくことを、しっかりと僕の思い出にしようと」と、語っている。
『陽はまた昇る』『半落ち』の佐々部清監督が故郷山口県で撮影し、誠吾役を升毅、八重子役を高橋洋子が演じている。

この作品を撮っているのが、半年くらい前にTVで放映されていたのを見た。『陽はまた昇る』『半落ち』などを撮った佐々部清監督をして、こういう作品では大手からの出資は得られず、資金を集めるのに苦労したそうだけど、「市民の協力があって作り上げることができた」と語っていた。その番組を見たときから、いつこの映画を観ることができるかと思っていた。
隅さんは12年の介護と語っているが、これはかなり根気のいることだったことでしょう。
私も母の介護は10年くらいだったけど、実際、寝たきりになってからの家での介護は半年くらい。その後、くも膜下出血で倒れて病院に入院したので、病院への見舞いという形になったけど、家での介護はほんとうに大変だった。私の場合は4人姉妹で担ったけど、隅さんはほとんど一人で背負っていたようだった。その後、家族やまわりの人たちの協力も得られたようだったけど、介護というのは一人で背負ったら、自分も倒れる。しかも隅さんは癌も患っていた。そんな日々の介護模様が描かれる。ぜひ観にいってみてください。(暁)

『八重子のハミング』公式HP http://yaeko-humming.jp/
2016年/日本/112分 アークエンタテインメント

posted by akemi at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449675983
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック