2017年05月07日

アムール、愛の法廷   原題:L'HERMINE

amoure aino hootei.jpg

監督:クリスチャン・ヴァンサン(『大統領の料理人』『恋愛小説ができるまで』)
出演:ファブリス・ルキーニ(『恋愛小説ができるまで』『ボヴァリー婦人とパン屋』)、シセ・バベット・クヌッセン

フランス北部の町、サントメール。裁判長のミシェル・ラシーヌは、10年以下の判決を下したことのない厳格な人物。家族にも疎んじられている。ある日、娘を蹴り殺した若い父親の罪を問う裁判で、陪審員の中に、かつて思いを寄せた女性を見つける。デンマーク人の女医ディットで、6年前、入院した折の麻酔医だ。優しく接してくれた彼女に恋をし、食事にも招いたが、恋文への返事はなく、あえなく失恋したのだった。
裁判の休憩の合間にメールを送って閉廷後に会う約束を取り付ける。6年前の思いを語るミシェル。医者として優しく患者に接していただけだったディットも、少しずつ気持ちが変わっていく・・・

一つの裁判の行方と同時進行で、厳格な裁判長の恋の行方が語られます。これまで厳しい判決しか出していなかったミシェルですが、恋する心が気持ちを和ませるのか、人間味のある対応に変わっていきます。それが判断を迷う陪審員たちを導く形にもなっていきます。恋は人を変える!
それにしても、陪審員の中には、スカーフを被ったイスラーム教徒の女性がいて、彼女にアラビア語で言葉をかける男性もいます。フランスという国、移民も陪審員になることを知りました。そういえば、日本の陪審員制度、今どうなっているのでしょう? まわりに陪審員に指名された人を知りませんが、裁判に対して全くの素人が人を裁くことになったときの重責を思うと、大変な任務ですね。
さて、この7月に公開されるインド映画『裁き』も法廷を背景にした作品。こちらも、一つの裁判と同時進行で裁判官、検事、弁護士、被疑者の法廷外での暮らしが描かれています。こちらは、生活格差がくっきり。カースト制度を背景に感じます。恋が描かれる『アムール、愛の法廷』は、やっぱりフランス流?  (咲)


2015年/フランス/98分/カラー/シネスコ
配給:ココロヲ・動かす・映画社○
公式サイト:https://www.cocomaru.net/amour
★2017年5月13日(土) シアター・イメージフォーラ ムほか全国ロードショー
posted by sakiko at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449670696
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック