2017年05月03日

ラストコップ THE MOVIE

last cop.jpg

監督:猪股隆一
脚本:佐藤友治
原作:「DER LETZTE BULLE」Red Arrow International 
撮影:迫信博
主題歌:BLUE ENCOUNT「さよなら」(キューンミュージック)
出演:唐沢寿明(京極浩介)、窪田正孝(望月亮太)、佐々木希(鈴木結衣)、藤木直人(松浦聡)、小日向文世(神野晴彦)、和久井映見(鈴木加奈子)、宮川一朗太(鈴木誠)、加藤雅也(西園寺春孝)、吉沢亮(藤崎誠吾)、升毅(町田昭仁)

熱血刑事(デカ)だった京極浩介は捜査中に爆発にまきこまれ、30年間昏睡状態にあった。奇跡的に目覚めるが、自分以外はすっかり変化しており、愛妻の加奈子は浩介の娘・結衣を連れて後輩の鈴木と再婚していた。平成生まれの望月亮太と相棒(バディ)を組んで仕事に復帰するも、なにしろ感覚は30年前のまま。亮太を振り回しながら事件解決にまい進する。そんな凸凹コンビの前に、最新鋭の人工知能が発端となった事件が勃発する。

2015年、2016年に放映されたテレビドラマの劇場版。新しいキャストを加えて、オリジナルのストーリーが繰り広げられます。アナログ刑事VS人工知能、不死身の浩介も限界か?元々はドイツの人気シリーズだったそうで、日本ばかりでなく各国でリメイク版が作られているようです。ドラマを見なかった人もついていけますのでご安心ください。
唐沢寿明さんは熱すぎる浩介にぴったり。得意のギャグが「コマネチ!」とは。30年くらい前のビートたけし(今や世界のキタノ監督)さんのネタでした。若い人は知らないんですねぇ。若い亮太との漫才のような掛け合い、浩介と世間とのズレ具合が笑いの素になり、コメディ度がかなり高いです。窪田正孝くんはコメディもイケます。映画では冒頭から「な、なんだ?!」というアクションシーン、ハイテンションなコメディから泣かせるドラマにもなり、幕の内弁当のようでした。おまけにエンディングが10種類用意されていて、各劇場で週替わりでランダムに上映されます。何が見られるかお楽しみに!(白)


2017年/日本/カラー/ビスタ/105分
配給:松竹
(C)2017映画「ラストコップ」製作委員会 
Based on the German TV series “DER LETZTE BULLE”, distributed by Red Arrow International
http://lastcop-movie.jp/
★2017年5月3日(水・祝)全国ロードショー
posted by shiraishi at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449541115
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック