2017年04月30日

笑う招き猫

warau.jpg

監督・脚本:飯塚健
原作:山本幸久「笑う招き猫」
撮影:山崎裕典
出演:清水富美加(高城ヒトミ)、松井玲奈(本田アカコ)、落合モトキ(蔵前真吾)、荒井敦史(大島洋次)、浜野謙太(和田栄)、前野朋哉(土井亮)、角田晃広(永吉悟)、岩松了(岩倉丈治)

高城ヒトミと本田アカコは、出会って7年、漫才のコンビ「アカコとヒトミ」を組んで5年。喧嘩しては仲直りの繰り返し、結婚も気になる年頃になった。鳴かず飛ばずで将来に暗雲がたちこめてきたある日、先輩芸人とのトラブルがきっかけで、チャンスが巡って来た。緊張して臨んだ舞台が思いのほかウケたり、いじめに遭っている中学生と知り合ったり、なんだかいい方に転がって来た…のか?

原作は山本幸久氏の同名小説。小説すばる新人賞受賞作。同じキャスト、別のストーリーのテレビドラマ全4話もあるようですが、そちらは未見。初共演の清水富美加(ヒトミ)、松井玲奈(アカコ)二人が躓きながらも夢へとひた走る姿に胸打たれます。ノンストップで撮影されたというラストは観ているだけのこちらも盛り上がりました。事務所や苦楽を共にするマネージャー、ほかの芸人さんたちとの交流など業界の内側が見られるのも面白かったです。原作で気に入っていた“頼子さん=ナカコのお婆ちゃん”が登場しないのがちょっと残念でした。主演作の公開を控えたまま、清水富美加さんが突如引退してしまいましたが、作品の中のヒトミとアカコに会いに行ってください。(白)

2017年/日本/カラー/127分
配給:DLE
(C)山本幸久/集英社・「笑う招き猫」製作委員会
http://waramane.jp/
★2017年4月29日(土)全国ロードショー
posted by shiraishi at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449454358
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック