2017年04月23日

わすれな草 原題:FORGET ME NOT

2017年4月15日 渋谷ユーロスペースほか全国順次ロードショー!
7efadb4b0a18fe80_R.jpg
(C)Lichtblick Media GmbH

認知症を発症した母の介護から始まる家族の物語

監督:ダーヴィット・ジーヴェキング  
撮影:アドリアン・シュテーリ  
編集:カトリン・フォークト  
音楽:ジェシカ・デ・ルイジ  
字幕翻訳:渋谷哲也
出演 グレーテル・ジーヴェキング  マルテ・ジーヴェキング

認知症を発症した妻と彼女を介護する夫、そして彼らの子供である監督や姉たち。グレーテルの介護について悩みながらも、この状況をきっかけに夫婦・家族の絆を強めていく。認知症になった母グレーテルの世話を手伝うため、ダーヴィットはフランクフルト近郊の実家へ帰ってきた。長年、父マルテが妻を介護してきたが、さすがに疲れてしまった。ダーヴィットは母の世話をしながら親友であるカメラマンと共に、母と過ごす最期の時間を映像に記録した。
母グレーテルは60年代後半の学生運動に参加し活動的で活発な人生を送ってきた。その母がアルツハイマーを発症し、父の介護がないと生活できなくなってきたことを知った息子であるダーヴィット監督。母を見守りながらその思いを撮影した。消えゆく母の記憶を呼び覚ますため、若き日の写真や日記を紐解くことで母の心の中が見えてくる。

活発で理性的だった母は、病によってすべての抑制から解放され、心の赴くまま自由に過ごしているように見える。記憶を失っていく母の姿は家族にとって、新たな“はじまり”となり、「最期の時間の寄り添い方」の姿を見せてくれる。(暁)

公式HP http://eiga.com/movie/86310/photo/
2013|ドイツ|88分|カラー|1:1,85|原題:FORGET ME NOT|
配給:ノーム(ロゴ) 宣伝:ノーム、梶谷有里 
特別協力:ゲーテ・インスティトゥート/東京ドイツ文化センター
posted by akemi at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック