2017年04月23日

ノー・エスケープ 自由への国境   原題:DESIERTO

no escape.jpg

監督:ホナス・キュアロン
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、ジェフリー・ディーン・モーガン

灼熱の砂漠を歩く人々。やがて、鉄条網が現れる。国境! 引っかからないようにくぐり抜け、さらに砂漠を進むと、どこからか銃弾が飛んでくる。ちりちりになり、15人いたのが、いつの間にか男女二人になる。残り少ない水を分け合って飲み、怪我した女性を置いて、偵察にいく男。襲撃者は執拗に追いかけてくる。隙を狙って襲撃者の車に乗り込み、逃避行が始まる・・・

舞台は、メキシコとアメリカの国境地帯に広がる砂漠。国境には、簡単にくぐり抜けられる鉄条網が続いている。ここにトランプ大統領は、分離壁を建設しようとしているのかと、なんだか悲しく、虚しくなる。苛酷な砂漠を越えてでもアメリカに移民したいメキシコの人たち。誰だって故国で幸せに暮らせれば、移民などしたくないはず。例え、幸せに暮らしていたとしても、どこにでも行く自由は誰にでもあるはず。国境を閉ざそうなどという心の狭い人がいる限り、世界は平和にならないとつくづく思う。そんなことを、ずっしり思わせてくれた映画。ガエル・ガルシア・ベルナルも、美男子ぶりを封印して不法移民を試みるのに必死な男を体現していて、そこまでして国を離れなければならない人たちが世界に数多くいることに思いが至り、心が痛みました。(咲)

2015年/メキシコ=フランス/88分/ヴィスタサイズ
配給:アスミック・エース
公式サイト:http://desierto.asmik-ace.co.jp
★2017年5月5日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
posted by sakiko at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449260271
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック