2017年04月23日

僕とカミンスキーの旅   原題:ICH UND KAMINSKI 英題:ME AND KAMINSKI

bokuto caminsky.jpg

監督・脚本:ヴォルフガング・ベッカー
出演:ダニエル・ブリュール、イェスパー・ クリステンセン

31歳のドイツ青年ゼバスティアン・ツェルナー(ダニエル・ブリュール)は、自称・経験豊富な美術評論家。実は何も実績がなく、かつて盲目の天才画家として一斉風靡したマヌエル・カミンスキー(イェスパー・クリステンセン)の伝記を書いて一山当てようと思い立つ。スイスの山奥で隠遁生活を送るカミンスキーを訪ね、若き日に熱烈に愛し合いながら、彼の前から突然姿を消してしまった恋人テレーゼ(ジェラルディン・チャップリン)の居所を知っていると言って、カミンスキーを旅に誘い出すことに成功する。かくして、二人の珍道中が始まる・・・

カミンスキーは、1920年代にポーランド人の母親とともにパリに出て、マチス最後の弟子となり、ピカソにも一目置かれる。1960年代にポップアート花盛りのニューヨークを訪れ、盲目の画家として時代の寵児となるが、突然姿を消し、スイスで隠遁生活を送っている。
てっきり実在の画家かと思ったら、架空の人物。物語が進むにつれ、カミンスキーがほんとに盲目なのかどうかもわからなくなってきて、狐につままれたような摩訶不思議な気分に。ゼバスティアンが、31歳というのに若々しくなくて、しかも嫌なヤツなのが、段々愛おしくなってくるのも不思議。なんとも可笑しな映画なのです。(咲)


2015年/ドイツ・ベルギー/独語・仏語/123分/アメリカンビスタ/カラー/5.1ch
配給:ロングライド   後援:ドイツ連邦共和国大使館、ジャーマンフィルムズ
公式サイト:http://meandkaminski.com/
★2017年4月29日 YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開
posted by sakiko at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449258286
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック