2017年04月16日

草原の河  原題:河   英題:River

soogenno kawa.jpg

監督・脚本:ソンタルジャ
出演:ヤンチェン・ラモ、ルンゼン・ドルマ、グル・ツェテン

広大なチベット高原で暮らす6歳の少女ヤンチェン・ラモ。春のはじめ、父グルのバイクの後ろに乗って、祖父に会いに行く。祖父は村から離れた洞窟に篭って仏教の修行をしていて、村人から行者さまと呼ばれ尊敬されている。でも、父は4年前の出来事が許せないと言って会いたがらない。重い腰をあげて出かけたが、凍った河を走って氷が割れてお見舞いの品が水浸しになってしまう。手ぶらでは会えないという父の頼みで、ヤンチェンは一人で祖父に会いにいく。
ある日、母羊が狼に襲われる。遺された子羊にジャチャと名づけて母親代わりをするヤンチェン。一方、母のお腹に赤ちゃんが宿ったことを知ったヤンチェンは、お母さんを独占できなくなってしまうと面白くない・・・

海抜3000メートルを越える厳しい自然環境の中で半農半牧の暮らしを営むチベットの家族の物語。
少女ヤンチェン・ラモの仕草が、とにかく可愛い。子羊に、「ジャチャ、ジャチャ」と呼びかけながらミルクをあげるところなど絶品。上海国際映画祭2015で最優秀女優賞を受賞しています。
実は、彼女ありきで出来たのが本作。ソンタルジャ監督が、初監督作品『陽に灼けた道』(2011年)発表後、次は子どもが主人公の映画を撮りたいと考えていた時に、故郷の青海省同徳県で出会ったのが遠い親戚であるヤンチェン・ラモ。彼女を軸に、映画を撮りながら脚本を書いたそうです。
子羊や生まれてくる赤ちゃんへのヤンチェンの思いだけでは物足りないと登場させたのがお祖父さん。文革で一度僧衣を脱いだけれど、改革解放の時代になって、再び僧衣を着て修行をしているという人物。ヤンチェンの家を訪ねてくる母方のおじさんも、文革前にはお祖父さんと同じお寺で学んでいた設定で、かつては一家に一人はお寺で修行していたことを思い起こしました。
撮影も、ヤンチェン・ラモの実際の家族の牧草地やテント、監督の実家などで行っています。チベット人であるソンタルジャ監督だからこそ描けた、チベットの人たちのリアルな姿。変わりゆくチベットの人たちの暮らしを映画に留めた意義は大きいと思います。(咲)


2015年、第28回東京国際映画祭のワールド・フォーカス部門で『河』のタイトルで上映。
チベット人監督作品として、日本で初めて劇場公開される映画。

『草原の河』公開記念 二つのイベント
http://www.tufs.ac.jp/event/tufs_cinema_20170405.html

◆TUFS Cinema チベット映画特集(@東京外大府中キャンパス)
2017年4月15日(土)12:30〜 
『ティメー・クンデンを探して』 『オールド・ドッグ』
いずれも監督:ペマ・ツェテン、撮影:ソンタルジャ

2017年4月22日(土)12:30〜
『チベット牧畜民の一日』撮影:カシャムジャ
『陽に灼けた道』監督:ソンタルジャ
トークイベント(1作目上映後)
「東北チベットの暮らしとソンタルジャの世界」
三浦順子(翻訳家)×星泉(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
司会:武井みゆき(映画配給会社ムヴィオラ代表)

◆『草原の河』公開記念チベット映画傑作選〜ソンタルジャとの出会い〜
@大阪第七藝術劇場
5月6日(土)〜12日(金)

2015年/中国/チベット語/98分/DCP/ヴィスタサイズ
配給:ムヴィオラ
公式ページ:http://moviola.jp/kawa/
★2017年4月29日(土) 岩波ホール他全国順次公開
posted by sakiko at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449065980
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック