2017年04月16日

メットガラ ドレスをまとった美術館(原題:The First Monday in May)

metto gara.jpg

監督:アンドリュー・ロッシ
出演:アナ・ウィンター、アンドリュー・ボルトン、ジョン・ガリアーノ、カール・ラガーフェルド、ジャン=ポール・ゴルチエほか

ニューヨークのメトロポリンタン美術館(MET)では、毎年服飾部門主催のファッションとアートの展覧会が開催される。2015年のテーマは「鏡の中の中国」。一般公開の前にお披露目される“メットガラ”のレッドカーペットは、テーマに沿ったゴージャスな衣装に身を包んだセレブたちで賑わう。年々豪華になり、ファッション業界最大のイベントとなっている。アナ・ウィンター、MET服飾部門キュレーターのアンドリュー・ボルトンを中心に、8ヶ月にわたってスタッフは奔走。準備に忙殺される日々と当日の舞台裏を追ったドキュメンタリー。

『プラダを着た悪魔』のモデルと言われるファッション誌「ヴォーグ」のアナ・ウィンター、キュレーターのアンドリュー・ボルトン、ファッション界の重鎮たちが登場。展覧会の芸術監督として香港のウォン・カーウァイ監督も顔を見せていました。『グランド・マスター』(2013年)以降新作が発表されないと思っていたら、こんな仕事もされていたんですね。
アナ・ウィンターは『ファッションが教えてくれること』(2009年)『ビル・カニンガム&ニューヨーク』(2010年)でも観ていますが、ボブカットに黒いサングラス、最新ファッションは変わりません。辣腕の起業家であり、ぶれないポリシーと頭の良さに感嘆します。
メットガラの席料はなんと25000ドル(約285万円)!600席があっというまに満席になるのはアナの人脈と情熱の賜物とか。この収益金はMET服飾部門の活動費にあてられるそうです。これだけのセレブが集まるなら高くないのかも。展覧会の準備からガラの当日まで映像で見られるのは嬉しいですね。ちなみに2017年は「川久保玲/コムデギャルソン」(5月4日〜9月4日)、メットガラは5月1日の開催です。(白)


2016年/アメリカ/カラー//91分
配給:アルバトロス・フィルム
(C)2016 MB Productions, LLC
http://metgala-movie.com/
★2017年4月15日(土)Bunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国公開
posted by shiraishi at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449062091
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック