2017年04月02日

LION ライオン 25年目のただいま(原題:Lion)

lion.jpg

監督:ガース・デイヴィス
原作:サルー・ブライアリー“25年目の「ただいま」”静山社刊
脚本:ルーク・デイヴィス
出演:デヴ・パテル(サルー)、ルーニー・マーラ(ルーシー)、ニコール・キッドマン(スー)、デビッド・ウェンハム(ジョン)、サニー・パワール(サルー幼少期)

インドで生まれたサルーは、オーストラリアの養父母に引き取られ、たっぷりの愛情を注がれて大人になった。恋人と幸福に暮らしていたサル―だったが、あるきっかけで忘れていた古い記憶が蘇る。インドの貧しい田舎町に生まれたサルーは、兄を手伝って石炭拾いをして日銭を稼いでいたが、5歳の時兄とはぐれて回送列車の中に閉じ込められてしまった。長い間走行して着いたのは故郷からはるか遠くの都会コルカタ。言葉も通じず、帰る道もわからないまま放浪した末、施設に入れられ養子縁組でオーストラリアに来たのだった。育ててくれた両親への愛情と感謝はあるけれども、インドで自分を探しているはずの家族に会いたい思いは止められない。サルーはわずかな手がかりを頼りにGoogle Earthでインドの生まれ故郷を探し出そうとする。

実話が元、というのにびっくり!“Google Earth”は世界中どこの街へでも画像がありさえすれば行けるので、大好きです。観光地も楽しいですが、離れている故郷や友人知人の家をときどき見ています。これを昔迷子になった人が利用するなんて!!結果はわかっているのですが、それまでの過程と演じる俳優たちが素晴らしいので、引き込まれて観てしまいました。
デヴ・パテル、ルーニー・マーラ、ニコール・キッドマンを差し置いて目を奪われるのが、サル―の子ども時代を演じたサニー・パワール。何千人もの候補者の中から見出されたサニー君は、これまで観たいろんな子役の中でもダントツに吸引力があります。たった5歳で迷子になったサルーの心細さ、家族を恋いながら都会でサバイバルする強さと賢さも十二分に見せていました。自分や子供や孫が5歳で同じ目に遭ったら?
サル―の人生は、なんとも数奇で奇跡的でした。エンディングロールもぜひご覧ください。(白)


友人から、Google Earthで故郷を探し出せるかもと言われたサルーは、当時の列車の時速と、乗っていた時間から、探す範囲をまず割り出しました。記憶にあるのは、列車に乗り込んだときに見かけた給水塔だけ。こつこつと、給水塔がそばにある駅をチェックし、なんと、5年かかって列車に乗り込んだ駅を探し当て、ついに実母とも嬉しい再会を果たすことができました。町の名前も自分の名前も、少し間違って記憶したのに、それでも、見つけ出すことができたのは、ほんとにすごい。
タイトル『ライオン』の意味するところや、兄クドゥのその後の人生など、映画の最後に明かされるのでお見逃しなく。

成人したサルーを演じているのは、『スラムドッグ$ミリオネア』での主演が印象的なデヴ・パテル。その後、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』では、ホテルの若きオーナー、『奇蹟がくれた数式』ではインドの数学者、シュリニヴァーサ・ラマヌジャンを演じています。本作では、ぐっと精悍な姿を見せてくれています。(咲)


2016年/オーストラリア/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/119分
配給:ギャガ
(C)2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
http://gaga.ne.jp/lion/
★2017年4月7日(金)TOHOシネマズ みゆき座他全国ロードショー
posted by shiraishi at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448667422
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック