2017年03月19日

ムーンライト  原題:MOONLIGHT

monn light.jpg

監督・脚本:バリー・ジェンキンス 
エグゼクティブプロデューサー:ブラッド・ピット
出演:トレバヴァンテ・ローズ、アンドレ・ホーランド、ジャネール・モネイ、アッシュトン・サンダース、アレックス・ヒバート、マハーシャラ・アリ、ナオミ・ハリス、 

マイアミの黒人コミュニティで暮らすシャロンの成長物語。

少年期: 母ポーラと暮らすシャロン。内気で、学校ではリトルと呼ばれている。ある日、いじめられているところを麻薬ディーラーのファンに助けられる。泳ぎを教わりながら「自分の道は自分で決めろ」とファンに諭される。ファンを父のように感じて慕うシャロン。学校では、同級生のケヴィンだけが心を許せるただ一人の友達だった。

青年期: 高校生になったシャロンは、相変わらずいじめられている。母ポーラは麻薬におぼれる日々。家に居場所はなく、ファンの家を訪ねるが、ファンは亡くなっていた。ファンの妻テレサが優しく接してくれる。学校で同級生に罵られ、落ち込んだシャロンが夜の浜辺に佇んでいると、ケヴィンがやってくる。月の光の下で、二人は寄り添う。翌日、学校で怒りを爆発させたシャロンは事件を起こす・・・

成人期: あの事件のあと、マイアミから姿を消したシャロン。成長し、体格もよくなったシャロンは、アトランタで麻薬ディーラーとして幅をきかせている。ある夜、突然ケヴィンから電話がかかる。ダイナーで料理人として働くケヴィンは、シャロンに似た客を見かけて事件のことを思い出し、謝りたいという。声を聞き、急に会いたくなったシャロンは高級車をケヴィンのもとへと走らせる。

月明かりのもと、お互いの気持ちを確認しあうシャロンとケヴィンの姿が愛おしい。そういうことだったの・・・と、その場面になるまで気付かなかった私。思えば、オカマとからかわれていたのでした。
ケヴィンがシャロンのために特別メニューを作るといってキッチンに消えたあと、シャロンの取る行動をお見逃しなく!
これまたケヴィンを思う気持ちが、じ〜んと伝わってくる場面です。
アカデミー賞作品賞に輝いた本作。まさに心に染みこむような映画。

いじめられても刃向かうことなく下を向いていたシャロン。ファンという男と知り合うことで、シャロンの中でなにかが変わる。運命的な出会いが、誰しもにもあることを感じさせてくれます。そうやって人は大人になっていくのだつくづく思います。(咲)


☆第89回アカデミー賞  作品賞、脚色賞、助演男優賞 計3部門受賞

シャロンに大きな影響を与えたファンを演じたマハーシャラ・アリが、アカデミー賞助演男優賞を受賞。少年期の部分のみで、出番は多くはないけれど、存在感が光ります。

提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ/朝日新聞社 
配給:ファントム・フィルム
2016/アメリカ/111分/シネマスコープ/5.1ch/R15+
公式サイト:http://moonlight-movie.jp
★2017年3月31日(金)、TOHOシネマズシャンテ他にて全国公開

アカデミー賞作品賞ほか受賞で、公開が前倒しになりました。
posted by sakiko at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック